ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鈴木京香が長谷川博己と初ツーショット 大きな決意あるか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 芸能界入りしてから約30年。貞淑な妻から妖艶なオトナ女性まで演じ分ける大女優となった今の今まで、鈴木京香(47才)のガードは鉄壁だった。過去に男性とのツーショットが撮られたのはたった1度だけ──。その京香が、11月上旬の夜、恋人の長谷川博己(38才)とふたりでゆったりと路上を歩いていた。周囲が気づいても、隠れることもなく、距離を置くこともなく、そっと彼に寄り添って歩き続ける。そしてふたりは行きつけのバーの扉を押した。

 2010年のドラマ『セカンドバージン』(NHK)での共演をきっかけに、交際をスタートさせてから5年が過ぎた。

 2013年9月には、京香の自宅マンションで同棲生活を送る様子も報じられているが、順風満帆というわけではなかった。

「同棲して1年ほど経った頃、長谷川さんは京香さんの自宅から歩いて20分くらいの所に自分専用のマンションを借りたんです。あくまで仕事部屋だということで、そこに京香さんを招き入れることはありませんでした。今年の夏はほとんどそこで生活するようになっていたため、同棲解消と見られていました」(芸能関係者)

 京香が病気になった母親を宮城から東京の自宅に呼び寄せたことが原因だといわれたが、一方で、長谷川に女性の影があり、破局したと報じるメディアもあった。

「長谷川さんが、出演した映画『進撃の巨人』で共演した石原さとみさん(28才)を口説いていたと報じられるなど、破局が決定的だという関係者もいました」(スポーツ紙記者)

 だが、ふたりは着実にその愛を育んでいた。行きつけのバーに入ると店内には偶然にも三谷幸喜(54才)の姿があった。揃って挨拶をし、しばらく談笑すると、ふたりはカウンター席に並んで腰を下ろした。

 夫婦のような自然な距離感だけど、時折はしゃいだ様子を見せるなどどことなく初々しさも見える。長谷川が会計を済ませ「帰るよ」と、京香を促して店を後にした。

 長谷川と出会う前には、「女優を、仕事をがんばりたいから、結婚はしない」と明かしていたこともあったという京香。しかし、ふたりの関係は大きな変化を遂げていたようだ。

 京香と長谷川の交際はたびたび報じられてきたが、ふたり揃っての姿がキャッチされたのは、交際5年経って今回が初めてのことだ。

「堤真一さん(51才)とのたった1度のツーショットをのぞけば、一切撮られたことはありません。それは、京香さんの女優としての自覚が強く、細やかに気をつけていたんだと思います。それがここに来て長谷川さんとこの様子です。なにか大きな決意があるのではないでしょうか」(前出・芸能関係者)

 この日、ふたりは来た道をゆっくり戻ると京香のマンションへと帰っていった。

※女性セブン2015年11月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
鈴木京香 長谷川博己と結婚秒読み「主人」と紹介することも
鈴木京香 43回目の誕生パーティーで長谷川博己とデレデレ
話題作出演相次ぐ長谷川博己 交際5年目で鈴木京香と同棲解消

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP