ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Amazonがリアル店舗をオープン!データを駆使した運営が話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も前から噂こそされていましたが、ようやく開店しました。

Amazonが
リアル店舗をスタート

屋外ショッピングモールのユニバーシティービレッジ内にオープンしたこの店舗は、ポップアップストアのような期間限定のものではなく、休日以外、週7日毎日営業しています。

Gurdian」によると、書店の中では6,000タイトルもの本が販売されていて、基本的にはオンラインストアで高評価なものを取り扱っているそう。価格はネットで表示されているものと同じで、新品でも割引価格で買えるとか。

カスタマーレビューも分かる!
ネットと連動した店づくり

Amazonブックストアが他の書店と大きく違うところは、オンラインデータを取り入れていること。
カスタマーレビューや発行部数などが表示されているため、それを参考にしながら本を購入することができます。

オンラインで評価が高い4.8星以上がついている本を紹介するコーナーから、ネットユーザーが投票した死ぬまでに読んでおきたい100冊をまとめた本棚まで、企画も充実。 The Verge」によると、第1店舗目が成功したら他地域でもAmazonブックストアを開くことを検討しているのだとか。

オンラインストアの成功によって、多くの書店を潰してきたと言われているAmazon。今回テスト的にスタートした“リアルな書店”が、実店舗の新しいロールモデルを提示してくれるか期待したいですね。

Reference:Amazon , GurdianThe Verge , @abhorson, @andrwyng
Licensed material used with permission by @yellowglasses , @anchorandlore

関連記事リンク(外部サイト)

【感動】貯水槽から出れなくなった犬。救ったのは人間ではなく・・・
農薬の代わりに「花」を植えたほうがいい理由とは?
行方不明のGoProが2年ぶりに発見!そこに映っていたものとは・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP