体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中村八大をトリビュートした「21世紀の『上を向いて歩こう』」が開催 大友良英がバンドや歌い手たちと表現したこととは?

中村八大をトリビュートした「21世紀の『上を向いて歩こう』」が開催 大友良英がバンドや歌い手たちと表現したこととは?

 2015年11月3日、神奈川は横浜市のKAAT 神奈川芸術劇場にてライブイベント【21世紀の『上を向いて歩こう』】が行われた。日本の音楽史に大きな足跡を残した「上を向いて歩こう」と、その作曲家である中村八大。その音楽と功績を、中村八大の子息である中村力丸の総合プロデュースのもと、佐藤剛が演出、さらに大友良英が音楽監督をつとめる制作陣によって、21世紀現在のリスナーに伝えようという意図によるイベントだ。

【21世紀の『上を向いて歩こう』】ライブ写真一覧

 実際のイベントは大友良英が率いるスペシャルバンドがホストバンドとなり、二階堂和美、Little Glee Monster、福原美穂というヴォーカル陣が代わる代わる中村八大の名曲や代表曲を歌うというもの。「Young person’s guide to ‘Hachidai-san’」という副題も冠され、当日は親子連れなども含む幅広い年代が会場に集った。

 ライブは中村八大がジャズ演奏家として1960年に残した「メモリーズ・オブ・リリアン」の音源からスタート。その演奏をバックに大友良英スペシャルバンドの面々が登場する。編成は大友がエレクトリックやアコースティックのギターをつとめる他、江藤直子(p)、近藤達郎(org, key)など、いわゆる“あまちゃんスペシャルビッグバンド”のメンバー、さらに類家心平(tp)らを加えた9人組。大友は「中村八大さんの色んな側面に光を当てながらお送りしたいと思います。」と意気込みを語った。

 「一曲目で『ん?』と思った人も帰らないで下さいね(笑)」という前置きに続き、ライブのスタートを飾ったのは「上を向いて歩こう」。ハーモニカの奏でる切なげなメロディから始まり、続いてフリージャズのような怒涛の演奏に入る。小林武文のドラムスや大友のギターが唸りを上げる中、トランペット、サックス、トロンボーンのホーン隊が主旋律を引き継ぎクライマックスを作った。

 その演奏中、予告のように、中村八大と『夢であいましょう』の看板の写真がバックスクリーンに映し出される。「上を向いて歩こう」の演奏後、間をあけずに、バックスクリーンのさらに奥の改段から、二階堂和美がライトアップされて登場。そのまま名曲「夢であいましょう」の演奏に移る。二階堂は歌いながらステージ後方より花道を進み、大友たちが待つステージの前列へと歩みを進める。星のようにゆっくりをまたたく電飾も、その柔らかい歌のイメージを増幅した。

 MCパートでは、「父親が『夢であいましょう』が大好きで観ていた」という二階堂と大友が、次々とスクリーンに移される中村八大の写真を見ながら歓談。放映当時、毎月1曲、新曲を作っては番組で生放送で発表していたという中村らのエピソード等にも触れた。さらに、スクリーンに当時の美輪明宏が同番組に出演した際の写真が映され、その話題と大友による「今だったら下北のアングラ劇場でやっててもおかしくない」という解説を導入に(ジャズ名曲「テイク・ファイブ」を下敷きにした)「誰も~あいつのためのスキャットによる音頭」が、二階堂のヴォーカルで披露された。

 二階堂と交代で登場したのはリトグリことLittle Glee Monster。登場するや、中村八大も影響を受けたというザ・ビートルズの代表曲「イエスタデイ」をアカペラを披露した。中村八大楽曲への取り組みでは、メンバーの数人が合唱コンクールの課題曲として歌ったことがあるという「涙をこえて」をアップテンポな8ビートのアレンジに合わせて歌唱。さらに「遠くへ行きたい」をこのグループらしくアカペラで歌い切った。大友はその歌声を賞賛しつつ「(自分の)孫でもおかしくないのか…」と複雑な感情もにじませた。

 リトグリの退場後、今度は福原美穂が登場。レゲエ・アレンジの北島三郎「帰ろかな」を披露すると、福原のソウルフルの歌と、演歌の特有のメロディがぶつかる、エキゾチックなムードで観客を魅了した。さらに中村八大と江利チエミという黄金コンビによる「私だけのあなた」、そして今年英国歌手のオリー・マーズが歌唱し、オノ・ヨーコが訳詞を手がけた「上を向いて歩こう」の英語詞版「Look At The Sky」も披露、この日2回目の「上を向いて歩こう」に、会場も更に盛り上がった。

 福原の退場後はもう一度、二階堂和美が登場し「黄昏のビギン」を歌唱。大友はこの曲の作詞にまつわるエピソード(作詞は永六輔となっているが、実は中村八大がほとんど作詞を手がけたということ)に触れつつ、それでもなお、2人がチームで作曲していたことの重要性を主張。「(みんなで作ってるものだから曲が)一人の世界じゃない」と、その魅力を説明した。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。