ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バービーがSNS疲れ。普通の女の子に戻ります

DATE:
  • ガジェット通信を≫

小さい頃、ずっとなりたかったものがあります。それはバービー人形。
大きな瞳、長いブロンドの髪、そして細長い脚……欲しいものをなんでも持っているバービーに私は憧れていました。
そんなバービーは、大人になった今でもやはり大好き。彼女のインスタグラム「Social Birbie」はしっかりチェックしています。
しかし残念なことに、先日、バービーのアカウントがもう更新しないことを発表したのです。

フォロワー130万人の人気インスタグラマー

インスタグラムで始まった「Social Birbie」は、公式ではないものの、瞬く間に話題となり、今では130万人のフォロワーをもつ人気アカウントとなりました。

Socality Barbieさん(@socalitybarbie)が投稿した写真 – 2015 10月 27 6:56午後 PDT

ときにはその日のスタイリングを紹介したり、旅行先での一枚をアップしたり、恋人のケンも登場したりと、バラエティ豊富な写真がたくさん。

Socality Barbieさん(@socalitybarbie)が投稿した写真 – 2015 7月 26 11:43午前 PDT

バービーのスタイリッシュな生活を、さまざまな趣向を凝らした写真に切り取っています。

突然のアカウント更新停止へ

そんな人気のアカウント「Social Birbie」ですが、11月5日に今後の更新をしないことを発表しました。
最後の投稿では、中の人であるDarby Cisneros(ダービー・シスネロス)さんが登場し、「Social Birbie」を始めたきっかけを綴っています。

Socality Barbieさん(@socalitybarbie)が投稿した写真 – 2015 11月 4 10:38午前 PST

I started SB as a way to poke fun at all the Instagram trends that I thought were ridiculous.
(バカバカしいインスタグラムの動向をからかう方法としてこの「Social Birbie」を始めたの。)
Instagramより翻訳引用

ダービーさんは、バービー人形を使うことで世間を皮肉っていたのだそう。
また、

it has open the door to a lot of great discussions like: how we choose to present ourselves online,the insane lengths many of us go to to create the perfect Instagram life
(人々がオンライン上でどのように自分を演出していて、写真を作成するのにどれだけ非常識なほど長い時間を消費しているかといったことを考えるきっかけになった)
Instagramより翻訳引用

とし、「Social Birbie」を作ったことは、インスタグラムとの付き合い方について考える機会になったようです。

バービーが教えてくれたインスタグラムとの付き合い方

たしかにインスタグラムは写真あってこそのSNSなため、どうしても写真にこだわることに。
たとえば私は美味しそうな料理を食べるときには、まず撮影し(もちろんアングルには気を使います)、加工して、白枠をつけてから投稿します。もはや「オシャレな写真を投稿しなければ死ぬ!」といった勢いです(笑)
しかし、インスタグラムはあくまでも生活のほんの一部分を切り取ったものにすぎません。極端に言ってしまえば、どんなにインスタグラム上では華やかな写真ばかりアップしている人でも、現実では毎日こつこつと節約し、たまに贅沢したときだけ投稿しているということもありえるんです。
「SNSの信憑性はそんなものだ」と割り切ってしまえば、肩肘張って投稿するための写真を作る必要もなさそう。それよりも目のまえの料理や景色、友だちと心から向き合う方が大切なことだと思います。
もちろんインスタグラムは楽しいツールですが、物事の本質はいつも忘れないでいたいものです。
[GIZMODO]
top image via Shutterstock
文/近藤うらら


(グリッティ)記事関連リンク
恋愛ホルモン「オキシトシン」はダイエットにも効果があることが判明
毎日カジュアルに飽きたら「ミモレデニスカ」を投入
男性の「つきあってどれくらいで結婚したい?」にドキドキさせる返答

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP