ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるで本物!“アメ車”を完璧に再現した紙製オブジェがすごい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

70年代~80年代のアメリカを代表する車といえば、リンカーン・コンチネンタルのトップグレードモデル「タウンカー」。

名前は知らずとも、映画や雑誌で見たことがある人もいるだろう。

そんな名車を再現したのは、アーティストのShannon Goffさん。

素材はなんと、ボール紙!

特徴的なスタイルも完璧に再現。

リンカーン・タウンカーならではのユニークな後ろ姿や

ホイールの1本まで!

もちろんインテリアも、ハンドル周りも…。

何度も言うが、全部紙!

実はリンカーン・タウンカーはGoffさんのお祖父さんの愛車。

Goffさんさんの家族も、多くが自動車製造業に関わってきた。

「アメリカにとって車とは単なる移動手段ではなく、時代の象徴。かつてこんな素晴らしい車が作られ、それを愛した人がいたことを決して忘れないでほしい」

Goffさんの作品は11月14日まで米ミシガン州のSusanne Hilberry Galleryで展示されている。

Shannon Goff
http://www.shannongoff.info/

車(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。