ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

玉森裕太主演の映画「レインツリーの国」が11月26日より公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「阪急電車」、「図書館戦争」シリーズなどの人気作家・有川浩による、累計88万部突破の恋愛小説「レインツリーの国」が11月21日(土)より公開される。「レインツリーの国」は、傷つけあいながらも想い合うふたりのピュアな恋愛を描く、心ときめくストーリー。いつも自分の気持ちをまっすぐに言葉で伝える主人公“伸”を演じるのは、玉森裕太(Kis-My-Ft2)。自分の殻に閉じこもって生きてきた感音性難聴のヒロイン“ひとみ”は、西内まりやが演じる。

ひとみが作り上げたブログ「レインツリーの国=心ときめく国」は、ひとみが世界で唯一、耳のことを負担に思わずに、自由にのびのびとふるまえる場所。そこから、外の世界にひとみを連れ出そうとする伸。想い合うあまり、傷つき迷うふたりの姿に感動すること間違いなし。

【STORY】
きっかけは伸が高校時代に好きだった「忘れられない本」。そこから「レインツリーの国」というブログの管理人であるひとみとメールで繋がり、会ったこともない彼女に惹かれていくー。「直接会いたい」という伸。「会えない」というひとみ。頑なに会うことを拒む彼女には、言い出せない「秘密」があった…。
「秘密=感音性難聴」を抱え、自分の殻に閉じこもっていたひとみ。パソコンの中に作ったブログ「レインツリーの国」は、唯一「秘密」を気にせず、活き活きと「言葉」を綴れる場所。そこに伸が現われ、ひとみに変化がおとずれる。想い合うあまり、恋に傷つき迷う2人。伸とひとみの奇跡の出会いが、本当の"障害"を乗り越えたとき、現実の世界に2人の「レインツリーの国=ときめきの国」を見つけることができるのかー。

恋をしたら誰もが感じるときめき、せつなさ、そしてもどかしさを、美しい映像と共に丁寧にすくいとった今年最高に胸が高鳴るラブストーリーをお見逃しなく!

■レインツリーの国
公開日:2015年11月21日(土)
出演:玉森裕太(Kis-My-Ft2)、西内まりや、森 カンナ、阿部丈二、山崎樹範、片岡愛之助(特別出演)、矢島健一、麻生祐未、大杉 漣、高畑淳子
原作:有川 浩『レインツリーの国』
監督:三宅喜重
主題歌:「最後もやっぱり君」Kis-My-Ft2(avex trax)

レインツリーの国 公式サイト
http://raintree-movie.jp

(C)2015「レインツリーの国」製作委員会

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP