体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

11/16付ビルボードジャパンチャートおよび11/2~11/8 RADIO ON AIR DATA発表

11/16付ビルボードジャパンチャートおよび11/2~11/8 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による11月16日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2015年11月2日〜11月8日)および2015年11月2日〜11月8日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

EXO「Love Me Right~」、セールスとTwitterで高ポイント、ビルボード総合首位獲得

11月6~8日の東京ドーム公演を成功させたEXOの「Love Me Right~romantic universe~」が、パッケージ・セールス1位、Twitterで2位となり、総合Billboard JAPAN Hot100首位を獲得した。ラジオは圏外、YouTubeでは52位など他指標データでは奮わなかったが、コア・ファンの強い後押しによって、セールスとTwitterが急伸した。

総合2位と前週4位から順位を上げたサカナクション「新宝島」。前週に引き続きYouTubeの週間国内再生回数で1位、前週よりも再生回数を増やし150万回に迫る勢いだ。こちらに付随してダウンロードとルックアップも順位を上げる結果となっており、ロングヒットとして上位を守る可能性が高い。

今週ルックアップで1位に立ったのはゲスの極み乙女。「オトナチック」。YouTubeでも前週比約30万回の週間再生回数を伸ばして3位となり、ダウンロードでも強く、若年層への広がりが見て取れる展開となっている。また江崎グリコ『ポッキー』CMソングのTHE Sharehappi「Share The Love」は、11月11日『ポッキーの日』を前に露出が増大、ダウンロードとストリーミングで1位に立った。

乃木坂46「今、話したい誰かがいる」がビルボードアニメチャート2連覇 大原櫻子が2位に迫る

乃木坂46「今、話したい誰かがいる」がビルボードアニメチャートでも首位になった。これで同曲の首位は2週目となる。

映画『心が叫びたがってるんだ。』の主題歌として、映画と共に話題となっている同曲。今週もCDセールスで1位、さらにルックアップ、Twitterでも1位となり、フィジカル指標を中心にポイントを積み上げた。次週以降はレンタルのポイントも加算される可能性があり、この勢いでさらなるロングヒットとなることが期待される。

今週2位に初登場したのは大原櫻子「キミを忘れないよ」。映画『ちびまる子ちゃん』の主題歌として話題を集める同曲はCDセールスで2位を記録。さらにラジオプレイのポイントで1位となり、3位以下の楽曲より一歩抜きん出た。全体的にラジオでプレイされづらい傾向のあるアニメソングだけに、こうして“アニメ畑”以外のアーティストを起用することで、リスナーとの接触機会を増やす方法論は現在でも有効だ。今週3位のMAN WITH A MISSION「Raise your flag」(『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』オープニング)についても、それは同様だろう。

上位に非アニメ畑のアーティストが並んだ中、4位のSuara「不安定な神様」(『うたわれるもの 偽りの仮面』主題歌)はアニメ畑のアーティストによる作品だ。そのポイント構成を見てみると、デジタルセールスの1位が目立つ。一般的にデジタルセールスはアーティストのファンではない、楽曲ファン/ライトユーザー層の動向が反映される傾向があり、本作がアニメ自体をきっかけに幅広いファンに親しまれているのではないかと推測できる。今後ここからもうひと伸びするには、アニメを含めてネット上でのバズが必要となりそうだが、果たしてどうだろうか。

アリアナ・グランデ「フォーカス」がビーバー、アデル、1Dを破り一気に洋楽チャート首位を獲得 

思わぬ伏兵と感じた人も多いのではないだろうか。ジャスティン・ビーバー、アデル、ワン・ダイレクションという三つ巴の戦いとなると思われた今週のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”で首位に立ったのは、なんとアリアナ・グランデ。先週の11位から一気にジャンプアップを果たした。

その新曲、「フォーカス」のポイント構成を見てみると、デジタルセールスとYoutubeの2指標が1位。ラジオプレイでは前述の“3強”の後塵を拝したが、リスナーの動向がダイレクトに出やすいデジタル指標での支持がその躍進を後押しした。今週の結果を受け、また12月のCDリリースに向け、次週以降はラジオプレイも伸びてくると予想され、この勢いはまだまだ続きそうだ。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。