ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カントリーシンガー、クリス・スタップルトンの『トラベラー』が、自身初のNo,1獲得を果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本作、『トラベラー』のリリース日は今年の5月8日。最高位14位をマークしたものの、TOP10入りは逃し、チャート圏外へダウンした。しかし、11月4日に開催された、【カントリー・ミュージック協会賞】で「最優秀新人賞」、「最優秀男性ボーカル賞」、「最優秀アルバム賞」の3冠を受賞し、今週1週間で177,000枚という高セールスをマーク、見事首位にリエントリーを果たした。アルバムからのシングル、「テネシー・ウイスキー」もこの受賞を受け、シングルチャートで23位に初登場するヒットを記録、カントリーチャートでは、アルバム共にNo,1を獲得する快挙を成し遂げている。

 この【カントリー・ミュージック協会賞】の効果を受け、今週のアルバムチャートは、上位3組がすべてカントリーシンガーで独占した。2位には、先週首位を逃したキャリー・アンダーウッドの復帰アルバム『ストーリーテラー』が、8万枚を突破して停滞し、3位には、アワード当日にリリースされた、エリック・チャーチの5thアルバム『ミスター・ミスアンダーストゥッド』が76,000枚を獲得してデビューしている。エリック・チャーチは、これで3作連続のTOP3入りを果たしているが、前2作が初登場No,1だったのに対し、今作ではカントリー界の人気シンガーに押され、総合チャート、カントリーチャート共に、首位獲得を逃している。【カントリー・ミュージック協会賞】では、両者ともにパフォーマーとして登場した。

 TOP10以下でも、12位にサム・ハントの『モンテバロ』、14位にブレイク・シェルトンの『リローデッド:20 #1 ヒッツ』、16位にトーマス・レットの『タングルド・アップ』、17位にはルーク・ブライアンの『キル・ザ・ライツ』がランクインし、TOP20以内にアワード出演者たちが多数ランクインしている。一方で、TOP10内にランクインし続けていた、テイラー・スウィフトの『1989』は11位にダウン、本作はカントリーアルバムとしてはカテゴリーされておらず、テイラーも協会賞には参加していない。

 4位に初登場したのは、ヒット曲を網羅した人気コンピ盤『ナウ』シリーズの第56弾。本作には、ウィズ・カリファの「シー・ユー・アゲイン」やザ・ウィークエンドの「キャント・フィール・マイ・フェイス」、テイラー・スウィフトの「バッド・ブラッド」といったNo,1ソングをはじめ、夏から秋にヒットしたナンバーが揃っている。1曲1曲のダウンロードが面倒というリスナーにとっては、充実の内容だ。続いて、8位もコンピ盤が初登場。デイヴィッド・フォスターが手掛けたディズニーのソングブック、『ウイ・ラヴ・ディズニー』が31,000枚を獲得してTOP10入りを果たしている。

 10位には、ロックバンド、デフ・レパードの7年半ぶりとなる11枚目のスタジオアルバム、『デフ・レパード』がデビューした。初のセルフタイトルとしてリリースされた本作、衰えないパワーとデフ・レパードらしいサウンドが健在で、評価の高い内容に仕上がっている。本作で、スタジオアルバムとしては5作目、コンピレーションを含むと通算7作目のTOP10入りを果たしている。TOP10デビューを果たしたタイミングで、今月9日には日本武道館、10日は大阪オリックス劇場、12日にはZEPP NAGOYA、13日最終日は仙台サンプラザホールで来日公演が決定している。Text:本家一成

関連記事リンク(外部サイト)

ジャスティン・ビーバー、3年ぶりのプロモーション来日が決定
カニエ・ウェスト、『グレート・ギャツビー』のような義母の誕生会で熱唱
ドクター・ドレー、未発表曲「Naked」をBeats 1の番組で公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP