ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベースの日を祝う!ファンクの伝道師、ラリー・グラハム&グラハム・セントラル・ステーションのビルボードライブ公演初日を最速レポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫
ベースの日を祝う!ファンクの伝道師、ラリー・グラハム&グラハム・セントラル・ステーションのビルボードライブ公演初日を最速レポート

11月11日はベースの日。絶好のタイミングとなった“スラップ奏法”の開祖、ラリー・グラハムの来日公演が、11月10日ビルボードライブ東京で初日を迎えた。

 ファンク、ロックをはじめ、現在シーンを賑わせているEDMやネオ・シティ・ポップまで、あらゆる音楽がラリーの生み出した“スラップ奏法”に影響を受けている。スライ&ザ・ファミリー・ストーン、そしてグラハム・セントラル・ステーションで名を馳せた彼は、コーラスのデレーナ・グラハムに呼び込まれると、トレードマークの真っ白い衣装とベースで登場。ファンから大きな歓声と拍手で迎えられた。

 1年半ぶりのビルボードライブで「早く戻ってきたかったよ!」と喜びを言葉にすると、往年のナンバーから最近のアルバムまで、幅広く選曲されたナンバーを次々と披露。粘りのあるベースラインが一切の衰えも見せず轟音の様に会場に響きわたり、熱を帯びていく。ラリーとともにバンドメンバーらがステージ上で楽しそうに踊りだすなど、エンターテイメント性の溢れたパフォーマンスに、観客も大きく手拍子で応えた。デレーナと二人で聴かせるパワフルなハーモニーも会場をおおいに沸かせた。

 中盤に差し掛かると、アコースティックな演奏を披露し、シンガーとしてのラリーを堪能できる一幕も。終盤はスライ&ザ・ファミリー・ストーンの「DANCE TO THE MUSIC」からアンコールまで観客は総立ちで、会場の盛り上がりは最高潮を見せた。

 ファンキーでタイトに繰り出すラリーの演奏が観客の心を鷲掴みにするのは、決してテクニックだけではなく、全身全霊で「ファンク」を表現しているからだ。聴けば思わず踊りだしたくなるラリーの音楽は、この先も多くの人の憧れであり、影響を与え続けていくだろう。

 そして、2014年12月に、11月11日が「ベースの日」として正式に登録され満を持して迎えた2015年。これ以上ないタイミングで行われるラリー・グラハム&グラハム・セントラル・ステーション公演は11月12日までビルボードライブ東京で、14日にビルボードライブ大阪にて行われる。「音楽のボトムを支える“ベース”を愛する人たちと、音楽の楽しさを分かち合う日にしていく。」という「ベースの日」の目的を120%果たしてくれるに違いない。

◎公演情報
【ラリー・グラハム&グラハム・セントラル・ステーション】

ビルボードライブ東京
2015年11月10日(火)~12日(木)
1stステージ 開場17:30 開演19:00
2ndステージ 開場20:45 開演21:30
公演詳細>

ビルボードライブ大阪
2015年11月14日(土)
1stステージ 開場15:30 開演16:30
2ndステージ 開場18:30 開演19:30
公演詳細>

◎ベースの日公式ホームページ
http://bass1111.com/

Text:神人未稀

Photo:jun2

Normal
0

0
2

false
false
false

EN-US
JA
X-NONE

/* Style Definitions */
table.MsoNormalTable
{mso-style-name:標準の表;
mso-tstyle-rowband-size:0;
mso-tstyle-colband-size:0;
mso-style-noshow:yes;
mso-style-priority:99;
mso-style-parent:””;
mso-padding-alt:0mm 5.4pt 0mm 5.4pt;
mso-para-margin:0mm;
mso-para-margin-bottom:.0001pt;
mso-pagination:widow-orphan;
font-size:10.5pt;
mso-bidi-font-size:11.0pt;
font-family:”Century”,”serif”;
mso-ascii-font-family:Century;
mso-ascii-theme-font:minor-latin;
mso-hansi-font-family:Century;
mso-hansi-theme-font:minor-latin;
mso-font-kerning:1.0pt;}

関連記事リンク(外部サイト)

Billboard JAPAN × BASS MAGAZINE ラリー・グラハム&グラハム・セントラル・ステーション 来日記念特集
レイ・パーカー・Jr.&レイディオ 来日記念特集
アラン・トゥーサンが77歳で死去 “米国音楽の都”ニューオーリンズの音楽を牽引

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。