ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

半世紀ぶり、国産小型ジェット機「MRJ」が初フライト!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

実用化に向けて開発が進んでいる、環境に配慮した次世代型の小型ジェット機「MRJ」が、ついに2015年11月11日、秋晴れの名古屋の大空を舞った。国産の旅客機としては、じつに53年ぶりのこと。

初フライトを生配信
300万人以上が視聴

三菱航空機株式会社が、2008年から開発を進めてきた「MRJ」。約1時間ほどのテスト飛行を無事に終え、開発拠点のある愛知県県営名古屋空港に戻ってきた。
国産旅客機の開発は、1962年の「YS-11」以来となる。「欧米の下請けに専念してきた、日本の航空産業にとって節目となる」と朝日新聞は、このニュースを大きく取り上げている。

初フライトの模様は、朝8時30分よりUstreamで生中継され、300万人以上が、名古屋空港からのライブ配信映像を視聴。今回の初飛行では、見学スペースは設けられておらず、Ustreamでの視聴を呼びかけていた。
名古屋空港近隣住民が撮影した貴重な写真がこちら。ちなみに、小さな機影は、テスト飛行に随伴した自衛隊機。

“環境にやさしい”
次世代ジェット機

三菱航空機株式会社が満を持して送り込むMRJ。そのプロモーションも積極的だ。特設サイトを開設して、航空機づくりにかける情熱を伝えている。曰く、最新技術を搭載したMRJの特徴のひとつが“環境へのやさしさ”だとか。
炭素繊維素材を主翼や尾翼に用いることで、軽量化。さらに、低燃費を実現し、排出ガスの低減、騒音も大幅にカットした、まさに次世代型の航空機と呼ぶに相応しいスペックを誇る。

同社のリリースによれば、2017年春の納入を目指してている。現時点での受注は、日米合わせて400機だが、最終的には2,500機を目指しているという。

 Reference:三菱航空機株式会社 , 朝日新聞
Licensed material used with permission by とんかつ / TONKATZ , イタチ

関連記事リンク(外部サイト)

「英語を話したい学生」と「お喋りしたいお年寄り」をマッチングする英会話サービス
「光よりも速い移動は、実現できる」豪・物理学者がコメント!
天気が悪くなるほど、オシャレになるインテリアが登場!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP