ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SamsungがExynos 8890の量産を開始したと伝えられる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

韓国メディアの ET News は、Samsung が次期フラッグシップスマートフォン「Galaxy S7」に搭載する新 SoC「Exynos 8」の量産を開始したと伝えました。今回の情報は公式発表ではなく、業界筋の噂として伝えられたものです。同サイトが伝えているのは CPU / GPU / モデムをワンチップに統合したとされる Exynos 8890 のことでしょう。10 月末の報道では、量産開始時期は 12 月とされていたのですが、予想よりも早く量産が始まった模様です。Exynos 8890 は既存の Exynos プロセッサとは違って、Samsung が ARM アーキテクチャーを独自に拡張した “M1” コアをメイン CPU で採用していると言われています。Galaxy S7 は 2016 年 2 月に発売されると噂されているので、中核部品となるメインプロセッサが今の時期から量産されるとなれば 2 月発売の可能性は高いとみられます。Source : ET News

■関連記事
「HTC One X9」とされる別の画像が出回る
Android版「Gmail」がv5.8にアップデート、Android 6.0をフルサポート
身に付けないスリープモニター「Beddit」が国内で発売、Androidでも利用可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP