ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女子アナ業界のムチムチ・スレンダー論争 覇権争い混迷状態

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 男性の女性に対する好みは千差万別だ。スレンダーが好きな男性もいれば、ムチムチタイプが好きな男性もいる。

 確かにスレンダー体型は社会に受け入れられやすく、モテる。そして成功者としてのイメージがある。アメリカでは1980年代に「自己管理ができない人間はエグゼクティブ(管理職)になれない」との風潮が高まった。

 それは現在でもあまり変わらないようで、例えば2012年に発表されたイギリスの「肥満フォーラム」の研究プロジェクトの統計によると、法曹、医学、ビジネスの各業界で高いポストに就いている女性はスリムな体型をしている人が多いのだという。『できる男は超小食』の著者でジャーナリストの船瀬俊介氏がいう。

「ニューヨーク大学のドールトン・コンリー氏らの研究では、女性のBMIが1%増えるごとに世帯の収入は約0.6ポイント減少するとの調査結果を発表しています。同研究では肥満傾向の女性は一般の女性に比べて、結婚する率が低い、離婚率が高いことなどが理由で経済的に不利になると分析しています。確かにムチムチよりスレンダーなほうが見た目が若い人が多いかも」

 芸能レポーターの石川敏男氏はムチムチもスレンダーも両方の美人を数多く仕事場で目にしてきた。どちらに軍配を上げるか。

「私はスレンダー派。好みは昔は樋口可南子さん、今は釈由美子さん。脚がスラリとしていて痩せていると基本的に綺麗だなぁと感じるので胸なんかなくったっていいです。あ、でも釈さんは結構胸が大きいですが……」

 千葉商科大学専任講師の常見陽平氏もスレンダー派。

「私がボディビルをやっているからか、ストイックに体を細く保っている女性は魅力的に見えますね。見た目が美しいだけでなく、他人からの見られ方を気にする、内面の色気を感じます」

 どうやらムチムチ、スレンダーのどちらが良いかという議論に終わりは見えそうにない。こうした観点で考えた際に興味深い職業がある。テレビ局の女子アナである。

 彼女たちは働く女性の中でも高い社会的地位を獲得しつつ、誤解を恐れずにいうならば女性有名人として性的な視点で男性から見られることも多い特異な存在。そのためか、時代によって豊満と華奢、視聴者から好まれるタイプが大きく揺れてきたという。

「例えばフジテレビの加藤綾子アナやフリーの高島彩アナといったスレンダー系が女子アナの代名詞となり、インテリっぽく見えるという部分で持て囃されていた時代がありました。一方で、近年は日テレの水卜麻美アナのようなムチムチ系が爆発的人気を誇っている。女子アナ業界の『ムチムチ・スレンダー』の覇権争いは混迷を極めています」(前出・石川氏)

「スレンダーな人にはその努力をどう褒めていいかわからないし、ムチムチの人は体型に引け目を感じていることが多くて気を遣ってしまう」(コラムニストの石原壮一郎氏)との声もある。決着がつくのは、ずいぶん先になりそうだ。

※週刊ポスト2015年11月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
竹内由恵アナ他 テレ朝の人気女子アナがカレンダーで勢揃い
【AKBカレンダー選抜2】エプロン姿で“いただきまゆゆ♪”
【AKBカレンダー選抜3】桜の花は別れの栞 さしこ卒業式

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP