ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】社内の言葉の壁を乗り越える!チャットを利用した多言語翻訳アプリケーションとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

企業内の言語の壁を突破する。

衝撃的なキャッチフレーズとともに登場した、「Chatter Auto Translator(チャターオートトランスレーター)」。今秋注目の、ビジネスツールの1つである。

世界トップシェアのCRMソリューション、Salesforceのコラボレーション支援ツールに対応した翻訳アプリとして開発。同サービスの普及率を考えると、今後の導入数も、大きく伸びそうな予感がする。

提供元は、インターネット総合コンサルティング企業のマーキュリープロジェクトオフィス。これまで障壁とされてきた言語問題を、いかにして打ち破るのか。Cloud Applications 事業部、代表取締役、赤堀 哲也(あかほり てつや)氏に話を聞いた。

・リアルタイムで最大64言語を自動翻訳

Q1:まずは、「Chatter Auto Translator」開発のきっかけからお聞かせください。

Cloud Applications 事業部は、“世界中のテクノロジーをつなげて、世界中の人の効率を向上させる”をミッションに、活動を始めました。

クラウドの発展と市場浸透により、今や中小企業でもクラウド利用は当たり前となっており、大企業と中小企業が利用する技術差は、日々狭まる傾向にあります。

Salesforceも経営基盤として、日本はもちろん、世界中に広がってきました。そこで第一弾として、Salesforceに対応した、“世界中の人の効率を向上させる”アプリを企画したのです。

Q2:「Chatter Auto Translator」とは、どんなサービスなのでしょうか。

Salesforceの標準機能の一つに、コラボレーション支援ツール“Chatter”があります。

これは企業利用に対応したセキュリティを担保しながらも、Facebookのように気軽で非同期なコミュニケーションを実現します。また、利用者の場所や時間、デバイスなどに制約を受けず、社員同士のコラボレーションを、飛躍的に効率化させます。

「Chatter Auto Translator(以下CAT)」は、その“Chatter”の標準機能を拡張させ、リアルタイムに最大64言語(2015年11月5日現在)まで、自動翻訳するアプリです。

・現場の生の声をいち早く共有

Q3:本サービスは企業のビジネスに、どのような形で貢献するのでしょうか。

グローバル企業の多くは、マネジメント層のみが英語(もしくは親企業の母国語)を話し、現場の声をマネージャーのフィルターを介して、経営層に伝えています。

現場を大切にする経営の重要性が叫ばれながら、現場(現地語のスタッフ)の声に、仕組みとして気づける環境がないのが現状です。

(中略)(CATは)その現場の声を、さまざまな言語に自動翻訳し、社員同士、言葉の壁を越えたコミュニケーションを発生させます。また、検索対象にすることで、製品・地域ごとの問題や良い点を、いち早く組織内で共有し、企業のビジネスを、より強固にしていきます。

Q4:今後の展開について、教えてください。

現在発売されているCATは、セルフサポートエディションのみとなっています。

(中略)今後は、プレミアサポートエディションを、Salesforceのインプリや販売ビジネスをしている日本国内、もしくは海外の企業とパートナーシップを構築し、日本・アメリカ・アジア・ヨーロッパなど、世界中で販売を進めていく計画です。

すでに、第2弾アプリの開発を始めているという同社。アイディアストックは何と、30以上もあるそう。積極的なアプローチは、まだまだ続きそうだ。

Chatter Auto Translator(AppExchangeページ)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP