体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アニメージュがアニメ『K RETURN OF KINGS』ネタバレ掲載について謝罪

徳間書店発行の『月刊アニメージュ』11月10日発売12月号に、現在TBSほかで放送中のアニメ『K RETURN OF KINGS』のネタバレが掲載されていることについて、同誌は公式ホームページ上に謝罪文を掲載した。

【関連:アニメ『K』2期ネタバレがアニメージュに掲載 原作者自ら注意喚起】

月刊アニメージュ12月号

この件は発売当日、アニメ『K RETURN OF KINGS』公式および、原作を担当した原作グループGoRAそれぞれの公式Twitterから報告され騒動になっていた。

掲載されているのは12月号巻末の各話情報コーナー「ANIMATION WORLD」で、10話までのかなりの内容が掲載されているという。そのためアニメ公式、原作グループともにこのコーナーを読まないようファンに対し注意を呼びかけていた。

発表された謝罪文によると、今回の発生原因については「現在調査中」と状況を報告するとともに、関係者及びファンに対し深く謝罪している。

以下、発表された謝罪文。

▼アニメージュ2015年12月号『K RETURN OF KINGS』あらすじ掲載についてのお詫び
http://animage.jp/info/588/

【アニメージュ2015年12月号 Vol.450】
11月10日発売「月刊アニメージュ」2015年12月号の
各話情報コーナー「ANIMATION WORLD」内にて
『K RETURN OF KINGS』の今後の展開を読み取れる
重要な情報が記載されてしまっておりました。

今回の事態が発生した詳しい原因や経緯については現在調査中です。

原作GoRA、GoHandsの皆様、「K RETURN OF KINGS」関係各位
および作品を楽しみにされているファンの皆様に
多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

アニメージュ編集部

アニメージュ公式サイトより

※「アニメージュがアニメ『K RETURN OF KINGS』ネタバレ掲載について謝罪」はおたくま経済新聞で公開された投稿です

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy