ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AI、代表曲「Story」サンドアートによる新MVがGYAO!にて期間限定独占公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AIの代表曲「Story」の新たなミュージックビデオが完成、動画配信サイトGYAO!にて期間限定でフルサイズ独占公開された。また、AIの「ハピネス」が、2016年1月15日に公開が決定している映画『パディントン』のイメージソングに決定した。

「Story」は「人はいつも誰かとつながっている」というメッセージが込められた楽曲で、2005年、今からちょうど10年前に誕生した。「一人じゃないから 私がキミを守るから」というサビは、誰もが一度は聴いたことがあるはず。カラオケ歌唱ランキングでは毎年上位にランクイン、結婚式では定番ソングになっている。聴く人それぞれの人生の大事な1曲として愛され歌い継がれ、10年の時を経た今もなお性別・年齢を超えて圧倒的な支持を得ている。

「Story」のミュージックビデオは、ベストアルバムのリリースを記念して制作され、サンドアートアーティストのKoheiが手がけた。サンドアートとは、バックライトでガラスの上の砂を照らし、次々と砂絵を描いていくことで紙芝居のように物語を展開させていく芸術手法。AIの「Story」にのせて描かれる物語は、出会いや別れ、挫折や苦悩を経たその先に、必ず大切な人の存在や明日への光が見える、という誰もが経験する人生の節目がテーマになっている。結婚、出産を経て人生の第2章を歩み始めたばかりのAI自身のストーリーともリンクする作品に仕上がっている。

AI コメント
素晴らしすぎる。。。
もう最初の10秒で泣きました。。w
表情も常に心が入ってていちいち泣けるし最後も素敵。
とにかく感動です!!!!
本当に素晴らしい!!!
世界一やばいサンドアートです!!!

「ハピネス」は、サビ部分の歌詞「君が笑えば この世界中に もっともっと 幸せが広がる/君が笑えばすべてが良くなる この手で その手で つながる」が、まるでパディントンがロンドンでお世話になるブラウン一家や、この映画を観る人々がパディントンに語りかけているように聞こえるほど作品の世界にぴったり、ということで起用が決定した。イメージソングは、映画予告編やTVスポット他、プロモーションなどで使用される予定とのこと。

AI コメント
ハピネスが作品の世界にぴったりと言ってくれて嬉しいです!
曲を聴いてこの映画を観てみんなが幸せな気持ちになったら最高!!!
みんなにハピネス!!!!(=´∀`)人(´∀`=)

「Story」サンドアートver.
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00067/v09974/v0993200000000542833/

映画情報
映画『パディントン』 
2016年1月15日(金)全国ロードショー
公式サイト:paddington-movie.jp
公式twitter:@eigapaddington  
© 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear™, Paddington™ AND PB™ are trademarks of Paddington and Company Limited

関連リンク

AI Official Sitehttp://www.AImusic.tv/
■UNIVERSAL MUSIC AI Official Sitehttp://www.universal-music.co.jp/ai/
AI Official Facebookhttp://www.facebook.com/AI
AI Official Twitter@micaholic1981
■AI Official Instagram@officialai
■AI「THE BEST」スペシャルサイトhttp://po.st/aithebest

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP