ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

貴重な江戸野菜「亀戸大根」を使った熱々お鍋

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月10日放送の「Nスタ」(TBS系、午後15時53分~)の下町のあったか人情グルメ特集の中で紹介された「亀戸升本・本店」(東京都江東区)は、JR総武線亀戸駅から徒歩7分ほどにある明治38年創業の和食店。

「亀戸大根・あさり鍋」は、熱々の石鍋に7種類の味噌がブレンドされたスープとたっぷり入ったアサリのだしに旬の葉物や根菜、えのき茸などが入る。さらに、地元農家と協力して生産している、キメが細かく煮込んでもしっかりとした食感が残る甘みが強い江戸野菜の亀戸大根を拍子切りにしたものを、こちらもたっぷりと入れて煮込んだ、ほのかに柚子の風味が香る一品。
試食をした児玉理恵さんは「すごい。噛んだ瞬間じゅわぁっとおだしがでてくるんですけど、大根の優しい甘さも相まって、ほんとうに美味しい」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:亀戸 升本 本店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:亀戸のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:亀戸×和食のお店一覧
口でとろけるビーフシチューとバターが塗られた厚切りトースト
貴重な江戸野菜「亀戸大根」を使った熱々お鍋

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP