体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これで大丈夫!フランス料理レストランでのテーブルマナーの掟

Photo credit: KANA「パリ【女子一人旅旅行記】ラグジュアリーな高級パラスホテル巡り(バー・レストラン)」

Photo credit: KANA「パリ【女子一人旅旅行記】ラグジュアリーな高級パラスホテル巡り(バー・レストラン)

TRiPORTライターのさとりんです。
フランス料理って高級なイメージがありますよね? 高級感漂うレストランで、ナイフやフォーク、スプーンがずらっと並び、しかも、絶対に恥をかけないシチュエーションの時に限って、フランス料理でお食事をしなければいけなかったりすることが多いのではないでしょうか。
彼女の前でかっこ悪い姿は見せられない! などなど、、、
そんなあなたを助けるべく、フランス料理のマナーについて解説したいと思います。レストランに入る前から出るまで、この解説を上から順に追って行けば大丈夫なように解説しています。

フランス料理レストラン入店時のマナー

Photo credit: KANA「パリ【女子一人旅旅行記】ラグジュアリーな高級パラスホテル巡り(バー・レストラン)」

Photo credit: KANA「パリ【女子一人旅旅行記】ラグジュアリーな高級パラスホテル巡り(バー・レストラン)

・コートは脱いでから入店するべし
外の埃を店内に持ち込まないために、コートはレストランの前で脱いでから入りましょう。
・コートや大きな荷物は預け、必要最低限の小さなバッグだけを持っていくべし
大きな荷物を席まで持っていくと、見た目もよくなければ、他のお客さんや配膳してくれる方の邪魔になってしまいます。
・係の人が案内してくれる席に座るべし
最初にウェイターさんが引いてくれた席が最上席になります。入口や通路から遠い席、もしくは景色のいい席を相手に選んで、イスを引いてあげましょう。素敵な夜景が見える席に座らせてもらえたら、女性からの評価もアップすると思いますよ。
・席に着く時は、主客もしくは女性から座らせるべし
それまでは、自分のイスの左側に立って待っていましょう。フランス料理店では、いつだってレディファーストが基本ですよ。
・バッグは背もたれと自分の背中の間におくべし

メニューをオーダーする際のマナー

Photo credit: John via flickr cc

Photo credit: John via flickr cc

・メニューはコースか、アラカルトどちらかを選択すべし
コース料理は、前菜、主菜、デザートが基本。アラカルトでも同じような構成で料理を頼んだり、1品除いたり、追加したりと自由にできます。しかし、食べれるだけの量を注文すること。それも大切なマナーのひとつです。
・食べ物の名前がわからなければ、聞くべし
フランス料理のメニューは専門用語が多くてわからないという方もいると思いますが、わからなければ、自分の好みを伝えましょう。
「クリーム系が好きなんですが」「さっぱりとしたものを頂きたいのですが」など

ワイン

1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。