ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

愛の贈りものに!ふだんから身に着けたくなるエンゲージ&マリッジリングの新作をご紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一生に一度のものだから、エンゲージリングとマリッジリング選びには、とことんこだわりたいもの。

全国に36店舗を展開するブライダルジュエリー専門店「銀座ダイヤモンドシライシ」が、愛と美の女神をイメージした人気シリーズ「ヴィーナス」の新作を11月14日(土)に発売する。

エンゲージリング1種、マリッジリング2種の新作はどれも、ボリュームを抑えた日常使いしやすいデザインが特長。

「Venus Feather(ヴィーナス フェザー)」のエンゲージリング(0.25ct~/税抜30万円~)は、二人を祝福する天使の羽がダイヤモンドを優しく包み込んでいる様子をイメージしたもの。石座は、高さをあまり感じないようにダイヤを包み、そのままアームに流れていくような美しいフォルムとなっている。

また同デザインのマリッジリング(税抜10万2000円)は、ヴィーナスフェザーのボリューム感とウェーブラインはそのままに、よりきらめきを感じられるよう、中央にダイヤモンドをあしらったもの。中央のメレのラインは、二人を祝福する天使の翼が羽ばたいている様子をイメージしたものだそう。

もうひとつのデザイン、「Shell venus(シェル ヴィーナス)」のマリッジリング(税抜13万2000円)は、ヴィーナスが生まれた時の海中の泡のきらめきを3石のダイヤモンドで表現。波に揺られているような柔らかなウェーブラインが優美で美しい。

マリッジリングはもちろん、エンゲージリングも、ふだんから身に着けて愉しめた方がステキなはず。結婚を考えているカップルは、ぜひ日常使いしやすい「Venus」シリーズの新作をチェックしてみて!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP