ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家入レオ、JVCハイレゾヘッドフォン「CLASS-S」PV公開 初のバイノーラル録音に挑戦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

JVCケンウッドより12月発売予定のハイレゾヘッドフォン「CLASS-S」第2弾シリーズ「WOOD 01/WOOD 02」にて、「CLASS-S」第1弾シリーズ「SIGNA 01/SIGNA 02」に引き続き、家入レオのシングル「君がくれた夏」がキャンペーンソングに決定。11月10日にビクタースタジオ301stにて行われたそのハイレゾヘッドフォン「CLASS-S」第2弾シリーズ新作発表会に、家入が特別ゲストとして登場し、「君がくれた夏」のピアノバージョンを初披露した。

「WOOD 01/WOOD 02」はJVCハイクラスヘッドフォン「CLASS-S」シリーズ第2弾で、9月17日に発売されたJVC初のハイレゾヘッドフォン「CLASS-S」第1弾に続くプレミアムモデル。“大口径ウッドドームユニット”を搭載し、“木”ならではの上質で自然な響きに加え、豊かな臨場感を実現したヘッドフォンとなっている。

その新作発表会にて、タイアップアーティストとして紹介された家入は、「君がくれた夏」をBGMに登場。今回の起用に「”目を閉じているのに情景が浮かぶ”、そんな上質なサウンドをお客様にお届けしたいという願いに共感しましたし、そのお手伝いができることをとても光栄に思います」と語った。

実際に使ってみた感想では「今まで聞いていたイヤフォンやヘッドフォンではなく“WOOD”で聞くと、違った世界観で聞けると思います」とコメント、「君がくれた夏」のピアノバージョンをレコーディングさながらのマイクで歌い上げた。

会場では、来場者はあえてスピーカーや生音ではなく、ヘッドフォンでこの模様を視聴。家入の響き渡る歌声と、ヘッドフォンのダイレクトでリアルに透き通る音質の合わさった音に拍手が巻き起こった。

また、同じくビクター301stで撮影されたプロモーションビデオも併せて公開された。アカペラで録音された「君がくれた夏」を、ヘッドフォンを装着した家入が「いつまでも聞いていたい」とメッセージを語る撮り下ろしビデオに、家入自身も初挑戦だったというバイノーラル録音方式で収録。あたかもその場に居合わせたような立体的な臨場感が体感できるプロモーションビデオとなっている。

このプロモーションビデオはWEBサイトの他、11月30日からは各地の屋外ビジョンで見ることができ、特にウェブサイトではヘッドフォンで試聴することでバイノーラル体験ができる映像が公開されている。

11月18日には、今春開催された14都市15公演、約2万人を動員した自身4度目となる全国ワンマンツアー「家入レオ 4th ワンマン Tour ~20 twenty~」のツアーファイナル、7月4日東京・渋谷公会堂の模様を完全パッケージ化した映像作品「20 ~4th Live Tour」をリリース。本編には、初収録となる「君がくれた夏」のライブ映像のほか、全23曲、MC含むトータル約113分の映像を収録。特典映像には、ツアー初日となった5月4日の日比谷野外大音楽堂からの7曲に加え、ツアーファイナルのバックヤード映像などを特別収録したトータル150分超えの大ボリュームとなっている。チェーン別特典なども準備されているので、詳しくはオフィシャルサイトまで。

JVCハイクラスヘッドフォン「CLASS-S」スペシャルサイト「S+(エスプラス)」
http://www3.jvckenwood.com/accessory/class-s/

“「CLASS-S」×家入レオ“スペシャルサイトWOOD編
http://www3.jvckenwood.com/accessory/class-s/leo/

リリース情報
ライブ映像作品「20 ~4th Live Tour~」
2015年11月18日発売

(Blu-ray)VIXL-157 4,600円+税

(DVD)VIBL-783 4,000円+税

関連リンク

家入レオ オフィシャルサイトhttp://www.jvcmusic.co.jp/leo-ieiri/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP