ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レキシ「SHIKIBU」MV完成、”紫式部”レキシと”お公家さま”八嶋智人が京都で鬼ごっこ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

レキシ「SHIKIBU」MV完成、”紫式部”レキシと”お公家さま”八嶋智人が京都で鬼ごっこ

11月25日にレキシ初のシングル「SHIKIBU」リリース、来月からは11か所11公演にわたる冬のワンマンツアー「レキシツアー IKEMAX THEATER」を控えるなか、シングル表題曲「SHIKIBU feat. 阿波の踊り子」のミュージックビデオが完成し、本日からオフィシャル特設サイト、YouTubeなどでの公開がスタートした。YouTubeで公開されたミュージックビデオは、シングル「SHIKIBU」のカップリング曲「Takeda’2」のレコーディングシーンを挿入した、YouTubeバージョンで公開。

ミュージックビデオが完成した「SHIKIBU feat. 阿波の踊り子」は、平安の女流作家・紫式部をテーマにし、ゲストには“阿波の踊り子”のレキシネームを冠したチャットモンチーが参加した切なくも踊れるロックナンバー。紫式部といえば「源氏物語」であるが、「SHIKIBU feat. 阿波の踊り子」の歌詞は、1人の女性“紫式部”の心情にスポットをあて、平安時代にも現代にも通じる普遍的な女心や遊び心を描き出した内容に。これまでリリースしたアルバム4作品すべてにおいて、日本史をテーマに一切ブレることなく高い音楽性と底抜けなエンターテイメント性を発揮して人気を獲得してきたレキシ真骨頂の歌詞世界となっている。

ミュージックビデオは、秋晴れの京都にて早朝から撮影。レキシは、この日のために制作された“動ける”十二単を纏い、笑撃アーティスト写真同様の式部メイクの正装のいでたち。そして、ミュージックビデオの共演者には以前から親交があり、ドラマ「HERO」などで活躍する俳優・八嶋智人が、俳優初となるレキシネーム“劇団シキブ”の名を冠し、レキシ扮する紫式部を追いかける“お公家さま”の役として出演。烏帽子に袴ベスト&Tシャツに八嶋智人お決まりの眼鏡スタイルといったお公家さまルックでのいでたちとなり、和やかなムードで撮影がスタートした。

ミュージックビデオのテーマは鬼ごっこ。五重塔が映える八坂通り、朝の清々し漂う建仁寺、女学生集まる行者橋、鴨川沿いの名店から叡山電車車内まで、劇団シキブ(八嶋智人)と、紫式部(レキシ)がひたすら鬼ごっこして戯れる姿を映像に収めたこの作品は、ほぼ1テイクの一発撮り、コンテにはほぼロケ地のみしか記載されていないという、ほぼレキシと八嶋氏のアドリブ合戦による撮影となった。息が合った2人の世界は、平安時代にも現代にも通じる普遍的な愛とピースに溢れた映像となっている。

11月25日にリリースする1stシングル「SHIKIBU」は、表題曲「SHIKIBU feat. 阿波の踊り子」ほか、4thアルバム「レシキ」で笑撃をもたらした「Takeda’」まさかの第2章「Takeda’ 2 feat. ニセレキシ (U-zhaan)」、代表曲「狩りから稲作へ」のライブパフォーマンスで定番となっている「キャーッツ!」のみのライブテイクを集めた初のライブ音源「キャッツあつめ~CATS LIVE SELECTION」の3曲を収録。また、初回盤は『レキシ 限定オフィシャル風呂敷「あ・ふろしき・ぶ」付スペシャルパッケージ』として完全生産限定で発売。

12月からは、即日完売の東京・両国国技館、大阪・オリックス劇場など、11都市11公演にわたる冬の全国ツアー「レキシツアー IKEMAX THEATER」を開催。ツアータイトル通り、“映画”をテーマにした久しぶりのワンマン公演に期待が高まる。

レキシ 1stシングル「SHIKIBU」特設サイト 
http://rekishi-ikechan.com/free/special/feature/shikibu/

「SHIKIBU feat. 阿波の踊り子(チャットモンチー)」 Music Video+「Takeda’ 2」 Rec映像

リリース情報
1stシングル「SHIKIBU」
2015年11月25日発売

初回完全生産限定盤【CD+グッズ+アナザージャケット】VIZL-904 1,500円+税

通常盤【CD】VICL-37121 1,000円+税

関連リンク

レキシオフィシャルサイト「うぇぶ城」:http://www.laughin.co.jp/ikechan/
レキシ レーベルサイトhttp://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A024737.html
レキシ オフィシャルTwitter@ekechang

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。