ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全世界で1億5000万部超の大ヒット! 子供も大人も夢中『グレッグのダメ日記』シリーズとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫
全世界で1億5000万部超の大ヒット! 子供も大人も夢中『グレッグのダメ日記』シリーズとは?

「ボク、グレッグ。これを書くことにしたわけは、ただひとつ。ボクがしょうらい、金もちの有名人になったとき、1日中ばかばかしいしつもんに答えるのが、めんどうだからだ。
 そういう場合、これをだせば、いっぱつでかいけつするからね」――このような書き出しで始まる日記をご存知でしょうか?

 今年11月3日に、最新刊10巻『グレッグのダメ日記 やっぱり、むいてないよ!』が刊行されたばかりの、児童書『グレッグのダメ日記』シリーズです。

 著者のジェフ・キニーさんが、自身の分身とも言える、主人公グレッグ少年の”ダメな日常”をユーモア触れる筆致で綴り、全世界で累計1億5000万部超の大ヒットとなっている同書。

 もともとは、オンラインゲームの開発者だったキニーさんが、自分の子供時代を思い返してクスリと笑えるように書いた『グレッグのダメ日記』(原題:Diary of a Wimpy Kid)を、インターネット上に公開したのが発端です。圧倒的なページビューをたたき出したことから、2006年に書籍化されますが、たちまち世界各国でたちまち大ベストセラーに。今や、キニーさんは、15年のForbes「世界で最も稼ぐ作家ランキング」でも5位にランクインし、”世界で最も稼ぐ作家”の1人として有名です。

 08年には、日本でも翻訳版が出版され、大人から子供まで夢中にさせた同シリーズ。グレッグ少年の”ダメダメな日常”は、どこか懐かしく、思わず笑いがこみ上げてくるものばかり。最新刊発売のこのタイミングで、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

■関連記事

"人生の黄昏時"を迎えた詩人・松浦寿輝がかつての自分を眺めるとき
話し方が劇的に改善?"魚住式メソッド"が明かす、噛んでしまう心理とは
人生最大の幸運は船越英一郎との結婚!? 女優・松居一代が明かす開運術

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。