体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

混雑回避も可能♪まだ知られていない穴場の紅葉名所10【九州】

】混雑回避も可能♪まだ知られていない穴場の紅葉名所10【九州】

九州には混雑必死の鉄板紅葉名所がいくつかありますが、「渋滞は避けたい」「あまり人がいない名所に行きたい」という方のために、穴場の名所をこっそりとご紹介します。

水辺の紅葉に、吊橋紅葉、トロッコに乗って眺める乗り物紅葉など…落ち着いてゆっくりと観賞を楽しみたい人におすすめです。ぜひ出かけてみてください。

1.【福岡県・北九州市】河内藤園

足元から頭の先までモミジに包まれる世界。

河内藤園 見ごろ 11月中旬~下旬
5月は藤棚のアーチが世界的に話題となったスポット。紅葉シーズンに入ると「モミジの森」が開放され、絶景の紅葉トンネルを散策できる。樹齢約30年のモミジが約700本、樹齢70~80年のものも、18本植えられているとか。散策路の両側に背の高いモミジが並び、赤いトンネルのようだ

穴場攻略法

紅葉観賞は1周約1時間で歩ける周遊コースが整備されている。紅葉のじゅうたんを楽しもう♪ 河内藤園(かわちふじえん)
TEL/093-652-0334
住所/福岡県北九州市八幡東区河内2-2-46
営業時間/9時〜17時
定休日/なし
料金/大人300円
アクセス/北九州都市高速大谷出口より20分
駐車場/120台
「河内藤園」の詳細はこちら

2.【熊本県・菊池市】菊池渓谷

清流のせせらぎに耳をすませて紅葉観賞

菊池渓谷
渓谷におおいかぶさるような広葉樹林が秋の絶景を生む

見ごろ 11月上旬~11月中旬

名水100選のひとつである「菊池水源」にある、約4kmの渓谷。エメラルドグリーンの水面にカエデやイチョウ、ケヤキなど濃い赤色が引き立つ。「掛幕の滝」「黎明の滝」など滝の名所が5カ所あり、特に「紅葉ヶ瀬」はその名の通り紅葉が見もの。 菊池渓谷 フォトスポットとしても人気のある広河原

穴場攻略法

「紅葉ヶ瀬」の他、おすすめスポットは一面に紅葉が広がる「広河原」。 菊池渓谷
TEL/0968-25-0513(菊池観光協会)
住所/熊本県菊池市原
営業時間/8時30分~17時
料金/高校生以上100円(協力金)
アクセス/九州道植木ICより50分
駐車場/465台
「菊池渓谷」の詳細はこちら

3.【大分県・佐伯市】藤河内渓谷

ハイキングにもおすすめ。見どころ満載の紅葉名所。

藤河内渓谷 見ごろ 10月下旬~11月上旬
全長約8kmの渓谷で、つるりとした平らな花崗岩(かこうがん)が特徴。そのうえには見事な紅葉が広がっており、見どころも「ひょうたん渕」、「千枚平」など多数。遊歩道を1時間ほど歩くと高さ77mの「観音滝」にたどり着くので、散策目当てに訪れる人も多いとか。防寒して散策に出かけよう!

穴場攻略法

渓谷入口から観音滝を目指して約1時間。岩肌の合間を流れる落ち葉を写真におさめよう。 藤河内渓谷(ふじかわちけいこく)
TEL/0972-23-3400(佐伯市観光案内所)
住所/大分県佐伯市宇目
営業時間/散策自由
アクセス/東九州道佐伯ICより1時間25分
駐車場/30台
「藤河内渓谷」の詳細はこちら

4.【大分県・竹田市】清滝

遊歩道を歩いて水流の美しい滝へ。

清滝
滝見散歩道を歩いて滝を目指す。

見ごろ 11月中旬~下旬
滝データ 高さ40m

水量は多くないが、落差が大きく、まるで霧状のシャワーのように岩山から湧き出る水が心地よい。広葉樹が生い茂り、秋は辺り一面が美しく色づく。滝壺近くまで木製のデッキがそなえられ、繊細な水流と紅葉の競演を間近で眺められる。散策はすべりにくい靴で行くのがおすすめ!

穴場攻略法

遊歩道の入口に駐車スペースあり。景色を眺めながら滝を目指そう! 清滝(きよたき)
TEL/0974-75-2214(竹田市役所直入支所)
住所/大分県竹田市直入町長湯
営業時間/散策自由
料金/無料
アクセス/大分道湯布院ICより44分
駐車場/15台
「清滝」の詳細はこちら

5.【鹿児島県・伊佐市】曽木の滝公園

真っ赤に色づくモミジ×滝。壮大な演出の秋景色

曽木の滝公園 見ごろ 11月中旬~下旬
別名「東洋のナイアガラ」と呼ばれる名瀑。豪快に流れ落ちる滝の白い水しぶきとともに、モミジやイチョウはよりつややかに映える。例年開催される「曽木の滝もみじ祭り」(11月23日(月・祝)に実施)では、滝や紅葉のライトアップが行われる。赤く色づく紅葉にうっとり。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。