ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたが知らない「生姜のメリット」5つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

洋の東西を問わず、ショウガは古くから薬用として珍重されてきました。一説によると、その薬効は400以上とも。ただ、意外なことにショウガには、秀でた栄養成分はないんです。それでも、特有の辛味やスパイス香が体を刺激すると…驚くような効果を発揮してくれることも!

01.
筋肉疲労には
湿布よりショウガ?

毎日ショウガを食べることが、運動によって生じる筋肉痛を和らげる働きがあると説く学者がいます。米ジョージア大学のスポーツ科学部Patrick O’Connor博士は、鎮痛効果を高める可能性を特定するため、のべ74人の被験者を対象に11日間連続して臨床実験を行いました。毎日2グラムのショウガを摂取して、筋トレに挑むというものです。

筋肉の炎症や可動域、疲労状況を逐一チェックしたところ、日常的に摂取している人たちは、筋肉の痛みを約25%軽減している事実が判明しました。
Medical News Today」は、この研究内容に注目し、スポーツ後の積極的なショウガ摂取を呼びかけています。

02.
メタボ予防の強い味方
体重を減少させる!

コロンビア大学の栄養学研究チームが、2012年こんな発表をして話題となりました。「ショウガを食べることで体温上昇を促進させ、空腹感を減少させることにもつながる」というのです。
研究論文より簡単に説明すると、体温低下により新陳代謝も落ちることで、消費エネルギーも少なくなる。これがカロリーを余分に体内に溜め込むメタボのメカニズム。そこで、体温をポカポカ温めるショウガを摂取する。体温が1度上がるだけで基礎代謝は約12%アップするそうです。要はショウガで体が温まり、代謝を促進させることでメタボに立ち向かおうというロジックです。

03.
UVからお肌を保護してくれる

バンコク、チュラロンコン大学の臨床生化学研究チームが2013年に行った調査によると、ショウガには紫外線の中でもUVB(紫外線B波)に関連するDNA損傷から肌を保護する、紫外線吸収能力があることが判明。ショウガは抗酸化タンパク物質の合成を刺激し、紫外線による細胞毒性や肌のダメージを予防する、潜在的な効果を示唆していると「Wake Up World」は伝えています。

04.
「つわりを和らげる」
という声もあるが…

胸焼けや吐き気といった妊娠の初期症状、いわゆる“つわり”にも効く!という意見があります。たとえば「Medical Daily」は、妊婦へのジンジャーティーやショウガジャムの摂取を推奨するアメリカ妊婦協会の見解を紹介。その一方で、「どうやら有効性は限定的なもので、一貫性に欠ける」とする研究らの声も例に挙げ、科学的根拠とは別の視座で「つわりにショウガ」を紹介しています。

05.
二日酔いにも◎
胃腸を強くする

胃腸の働きや消化を助けることは、よく知られた話。では、体内に摂り入れられたショウガが、どう働きかけるのでしょう?インドの医学大学による研究では、辛味成分ジンゲロンの刺激が胃液の分泌を促し、消化をよくしているんだそう。また、二日酔いで気分最悪な朝には、すりおろしたショウガを加えたジンジャーティーがおすすめ。二日酔いの翌日は、アルコールの影響で体温が極端に下がっています。体を温かくし吐き気を抑えるばかりか、弱った胃腸の炎症も抑えることができます。

Reference: Medical News Today , Wake Up World Medical Daily

関連記事リンク(外部サイト)

ピンクの「冷製パスタ」が登場!その正体は世界が注目する、アノ野菜だった
【判明】なぜ、パイナップルを食べると口の中がチクチクするのか?
【検証結果】砂糖を止めたアナタの身体に起きる「5つの変化」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP