ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

B型女性の8つの恋愛傾向

DATE:
  • ガジェット通信を≫

性格や行動パターンをおさえながら、B型女性の恋愛傾向に関する主な特徴をまとめて紹介していきましょう。

もちろん、すべてのB型女性に当てはまらないかもしれません。でも、好意を寄せる女性に振り向いてもらうための、参考にはなるはずですよ。

変化のある恋愛スタイルを好む

B型女性は、常に変化を楽しむ性格の持ち主が多いよう。彼女たちは、恋愛でも刺激を感じられるスタイルを好みます。

毎回会うたびに、相手の新しい面を発見できるようなデートができれば、満足感は高まります。

新しいお店やイベントの情報は常にチェックしておき、トレンドに敏感なB型女性が喜ぶようなプランを提案していきましょう。

束縛をともなう恋愛は苦手

B型女性は、相手から束縛されるような恋愛は好みまない傾向が。

基本的にマイペースな性格を持つとされるB型女性は、彼の意見や好みに合わせるばかりでは嫌気が差し、別れたいとさえ思ってしまうことも。

自分が好きなときに好きなことができる環境を持たせてあげることが、一般的なB型女性と長続きするコツです。

男友達も多く、彼よりも友達との時間を優先することがあるかもしれませんが、そんなときは広い心で許してあげましょう。

B型女性の恋は、熱しやすく冷めやすい

恋愛が始まったばかりのときには、B型女性は好きな相手しか眼中に入らないほど、一途な恋をする傾向があります。

ただし、ある程度の時間が経過すると、燃え上がるような恋心にも落ち着きが見られ、もう興味がなくなったのかと思えるほどクールな対応をすることがあります。

男性からしたら、不安を覚えることがあるかもしれませんが、単に落ち着いた付き合いができる段階に入ったと理解しておきましょう。

恋愛でも嘘がつけないタイプ

B型女性は、自分の意見をはっきりと主張し、感情を表に出す人も多いようです。

恋愛に関しても、常に直球勝負で、下手な駆け引きや嘘は苦手です。

どんなときにも正直でありたいと考えるB型女性に対しては、お付き合いする男性も真摯に向き合い、女性の気持ちに応えていくことが、楽しい恋愛を続けるコツです。

B型女性との恋愛に嫉妬心は禁物

もともと活発でフレンドリーな性格の持ち主が多いB型女性。相手の性別に関係なく、たくさんの友達と親交を深めるのが得意のようです。

交際相手がいても、気の合う男友達と遊ぶことは別物だと考え、共通の趣味や活動を通じて、彼らとの独自の世界観を楽しむ傾向があります。

あなたの中に嫉妬心がめばえるかもしれませんが、変な詮索をせず、女性を信じて応援してあげることが大切です。

嫉妬心に悩むくらいなら、あなたにしかできないB型女性との楽しみ方を提案して、一緒に始めてみましょう。

B型女性は、相手から干渉される恋愛スタイルを嫌う

付き合っているからといって、相手のことを何でも知りたいという男性は、B型女性にとって、精神的な負担となる場合があります。

知られて困ることは一つもないけれど、自分の行動に関して、その都度確認されると、B型女性は、干渉されていて自由が奪われているように感じることもあります。

B型女性は、恋人と一緒にいたいときと、そうでないときがはっきりと分かれるので、言われなくても相手の雰囲気から察してあげることが大切です。

恋人との対等な関係を望む

様々な能力にも恵まれ、比較的自立しているB型女性のなかには、恋愛において、相手の男性と対等であることが心地よいと感じる人も。

亭主関白的な男性は、B型女性がもっとも苦手とするところでしょう。

常にお互いを手本としながら高め合い、友達同士のような関係を望むのが、B型女性の特徴と言えそうです。

B型女性は、寂しがり屋で甘えるのが好き

B型女性は、自立心旺盛なイメージが強く、孤独を好む性格だと誤解されがちですが、好きな人には、寂しがり屋な面を見せることがあります。

マイペースなB型女性は、自分のタイミングで甘えたいサインを出してきますので、見逃すことなく、臨機応変に相手に合わせることが大切です。

基本的には分かりやすい性格を持つB型女性の恋愛傾向が分かったところで、いまのあなたの悩みに照らし合わせながら、どうするのが一番よいか、結論をはっきりと出して、行動に移してみましょう。話せば分かり合えるのがB型女性の良いところです。

関連記事リンク(外部サイト)

B型女性に効果的な8つのアプローチ
B型女性に共通する12の性格と特徴
女性ライターが告白!愛を感じずにはいられない「カレの行動5選」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP