ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初恋の嵐、奇跡の2ndアルバムが完成! 最新技術で西山達郎の声が甦る!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2002年にデビューアルバム『初恋に捧ぐ』をリリースしたのち、活動を休止。2011年から断続的にライヴ活動を再開していた初恋の嵐が、前作から13年ぶりのニューアルバム『セカンド』を来年1月27日にリリースすることがわかった。

1997年に結成された初恋の嵐は、メジャーデビュー直前の2002年3月、ヴォーカル&ギターの西山達郎が急性心不全により死去。生前にレコーディングされていたマテリアルを元に、残されたメンバーとスタッフとで1stフルアルバム『初恋に捧ぐ』(2002年8月)を完成させ、その後活動を休止した。

2011年にライヴ活動を再開。毎回、複数のゲストヴォーカルを迎える形で多くの未発表曲を含むライヴを進める中、CDに収録されていない楽曲の音源化を望む声が高まっていった。メンバーの隅倉弘至(Ba)、鈴木正敏(Dr)、ライヴバンドのメンバーらも、西山が残した名曲たちを、このまま埋もれさせてしまうのは惜しいと思い、何らかの形で音源化する方法を模索してきた。

幸いにも、いくつかの楽曲デモはマルチトラックで録音されており、生前の西山のプレイが使えることが判明。2015年に入ってライヴでは一度も演奏されていない楽曲のマルチトラックデータが発掘され、これを機に13年ぶりのニューアルバムの制作が一気に実現へと前進した。

ニューアルバム『セカンド』は、全10曲を収録。そのうち5曲で西山のヴォーカルがフィーチャーされている。全曲の作詞・作曲は西山。初恋の嵐が結成されたばかりの1997、98年から、西山の死の直前の2002年2月までの5年間に作られた未発表楽曲で構成され、これらの楽曲がついに陽の目を見ることによって、早熟にして早逝の天才ソングライター、西山達郎の全貌が明らかになる。

なお、初恋の嵐はこのリリースのあと、大阪と東京でライヴを行なうことが決定している。

アルバム『セカンド』
2016年1月27日発売
UPCH-2070/¥3,000+税
西山達郎Vo.オリジナル楽曲5曲に加え、現メンバー歌唱楽曲+ゲストヴォーカル楽曲からなる計10曲を収録

「対バンの嵐」
2月12日(金) 大阪 Music Club JANUS
2月14日(日) 東京 TSUTAYA O-nest
※ゲストヴォーカル、対バンあり

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP