ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Cyanogenカメラがv2.0.0005にアップデート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

CyanogenOS を搭載したスマートフォン向けに提供されている Cyanogen 製カメラアプリ「Cyanogen カメラ」が 2.0.005 にアップデートされました。Google Play ページの情報は古いままなので、変更内容はまだ明らかになっていませんがバージョンが 2.0.004 から 2.0.005 に変わっただけなのでバグの修正がメインのマイナーアップデート版だと考えられます。Cyanogen カメラはカスタム ROM を開発している企業のカメラアプリというだけあって、かなり高機能です。CyanogenOS ではない端末にもインストールできる(APK ファイルの手動インストール)ので、使ってみてはいかがでしょうか。Cyanogen カメラには他社の製品にはあまり見られない、JPEG 圧縮率の変更、ファインダー表示サイズの変更、アンチバンディング機能、低速度撮影(タイムラプス)機能、映像・音声コーデックの変更機能、電源ボタンのシャッターボタン化、左利き用の UI 反転などを搭載しています。「Cyanogen カメラ」(Google Play)、APK Mirror

■関連記事
Huawei P9 Maxのスペック情報が伝えられる、6.2インチWQXGAのミニタブレット
HTC E56(One X9?)は5.5インチフルHDディスプレイを搭載したミッドレンジモデル?
日本通信、法人向けにプリベイド式データプラン「b-mobile 5GBプリペイドSIM」を発表、個人でも購入可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP