ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エド・シーラン、“豪州版グラミー賞”【ARIAアワード】初出演へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 イギリスのシンガーソングライター、エド・シーランが、今月開催される【ARIAミュージック・アワード】のパフォーマー・ラインナップに加わったことが明らかになった。

 “オーストラリア版グラミー賞”と言われる【ARIAアワード】は、11月26日にオーストラリア・シドニーのザ・スターで開催される。同ステージにはこれまでにも、コンラッド・シューエル、フライト・ファシリティーズ、ハーミチュード、ジャリード・ジェームス、ジェシカ・マウボーイ、ナサニエル、ペキン・ダック、ザ・ヴェロニカズ、ティナ・アリーナ、バンス・ジョイが立つことが発表されていた。

 一般投票での“最優秀インターナショナル・アーティスト部門”にノミネートされているシーランは、「ARIAsで会おう。【ARIAアワード】は未経験で、行きたいと毎年思っていたから本当にワクワクしてるよ」とコメントしている。

 シーランはオーストラリアで正真正銘のスーパースターだ。2ndアルバム『x(マルティプライ)』はNo.1デビューを果たし、同国の2014年年間ベストセラー作品となった。現在ではセプタプル(7)・プラチナレコードに認定されており、国内チャートトップ10内に72週にわたりチャートインし続けている。また、ARIAによると、シーランは2015年の最も売れているアーティストでもあるという。

 エド・シーランにとってARIA出演は、11月28日にブリスベンのサンコープ・スタジアムで始まるオーストラリア/ニュージーランドのフルスケール・ツアーに向けた良いウォーミングアップとなるだろう。オーストラリア/ニュージーランド・ツアーは今年2回目で、ここ4年間で5度目の訪問となるが、完全にソロでスタジアムで演奏するミュージシャンは彼が初めてとなるそうだ。

関連記事リンク(外部サイト)

ジャスティン・ビーバー、3年ぶりのプロモーション来日が決定
ウータン・クラン創設者、RZAの家で2人の男が刺され重傷
カニエ・ウェスト、『グレート・ギャツビー』のような義母の誕生会で熱唱

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP