ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

RADWIMPS、対バン第三夜の相手は6年越しのplenty

DATE:
  • ガジェット通信を≫

RADWIMPSが、実に6年越しとなるplentyとの対バンライヴを実現させた。

以前、plentyにとって初となる東京でのワンマンライヴを観に行ったというRADWIMPSの野田洋次郎。その印象を“あまりの細さにマイクスタンドかと思った”とユーモアを込めて語りながらも、江沼郁弥の声に魅了され、以来1年ほど自家用車で『拝啓。皆さま』を聴き続けたという。

先陣を切ってステージに登場したplenty。「RADWIMPSの胎盤」第三夜は、その『拝啓。皆さま』の収録曲「ボクのために歌う吟」で幕を開けた。繊細な中にもどこか芯のある歌声が静寂を極めた会場に響きわたる中、体を微かに揺らしながらも一時も逃さないよう息を呑んで聴き入るオーディエンスと、シンプルながらも強い3人のアンサンブルが呼応していた。

この日は、7月リリースのシングル「よい朝を、いとしいひと」をはじめ、plentyのさまざまな楽曲に参加し、10月の日比谷野外大音楽堂ワンマンライヴでも共演した、シンガーソングライターのsébuhirokoがキーボードで華を添え、野田が“たった二人きりになれる音楽”とその魅力を表現したplentyの音楽が、Zepp Nambaを包み込んだ。

そして、RADWIMPS。約1年半ぶりとなる大阪公演は、このツアーで初披露となるツインドラムを擁する5人編成。サポートドラムの森瑞希と刄田綴色を軸に、タイトにダイナミズムを増す5人のアンサンブルは、繊細ながらも生命力あふれる歌声をより響かせた。10周年ならではのセットリスト。次から次に披露される楽曲は、イントロからすでに大歓声で、揺れる会場を操るかのようにフロントの3人がステージを駆け回る。

なんばに移設してからは初となるZepp公演では、シンプルながらもアリーナ公演さながらの演出が、いっそう5人のパフォーマンスを引き立てる。中盤はこの編成ならではのセッションで、バンドの新たな一面を垣間見ることができた。アンコールでは、plentyの江沼を野田が呼び込み、江沼が好きだという「37458」も披露してみせた。

11月10日(火)には、この対バンツアーで初めてとなる先輩アーティスト、LOVE PSYCHEDELICOを迎えるRADWIMPS。ツアーは11月25日(水)の横浜アリーナまで続く。

photo by 古溪 一道

「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」
11月10日(火) 大阪 Zepp Namba
w:LOVE PSYCHEDELICO
11月12日(木) 北海道 Zepp Sapporo
w:ゲスの極み乙女。
11月16日(月) 愛知 Zepp Nagoya
w:ハナレグミ
11月18日(水) 福岡 Zepp Fukuoka
w : クリープハイプ
11月23日(月・祝) 神奈川 横浜アリーナ
w : Spitz
11月24日(火) 神奈川 横浜アリーナ
w : いきものがかり
11月25日(水) 神奈川 横浜アリーナ
w : ONE OK ROCK

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP