ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「家族葬9万円」葬儀社 38万円での契約余儀なくされる例も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 妻をがんで亡くした西日本在住の男性・Aさん(71)は、バスの車内広告で目にしていた『家族葬9万円』を謳う葬儀社に葬儀を依頼することにした。「あなたの今後の生活もある。私の葬儀は大袈裟なものにせず、お金を節約してほしい」との妻の遺言もあり、近い親戚と数人の友人に集まってもらう程度の規模で、費用を抑えて行なおうと考えたからだ。
 
 早速業者に電話。病院まで寝台車で遺体を引き取りに来てもらい、妻の亡骸はその葬儀社の会館へ運ばれた。ところがそこでAさんは驚愕の事実を知る。「基本プラン」だと提示された葬儀は52万円だった。
 
 もちろん「話が違う」と抗議。別の葬儀社に連絡をとろうとすると、「すでに費用が発生している」と寝台車料金、会館使用料、人件費で16万円を請求された。改めて広告を確認すると「病院や斎場への搬送費用、火葬費などは別料金」と小さな文字で書かれていた。
 
「結局、必要最小限の38万円のプランで契約せざるを得なくなりました。しかも運転手や手伝いの女性、火葬場の担当者などへの心付けをはじめ、お坊さんへのお布施など、そこからさらに約40万円を支払うことになった。

 広告に書かれていなかった出費ばかりで立腹しています。だが葬儀を無事終えるためには請求された通りに支払うしかなかった。想定外の資金を使い、これからひとり暮らしが始まるというのに不安で仕方がない」(Aさん)

※週刊ポスト2015年11月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
葬儀の契約 「1日延ばしても火葬場は取れる」と葬儀専門家
「葬儀一式○○万円!」に注意 葬儀費用総予算は平均231万円
葬儀社の見積もり「葬儀費用100万円」だけでは済まない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。