ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

激安アジアンタイヤ 性能に問題ないが安い中国製には要注意

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 モテ車を解説する「週刊ポスト」連載の「死ぬまで カーマニア宣言!」。今回は、いつもと少し趣向を変えて、よく売れているというアジア製タイヤについて。これまでにクルマを40台買ってきたフリーライター・清水草一氏(53)が、アジアンタイヤについて解説する。

 * * *
 ご同輩諸君。先日、一通のお便りをいただいた。曰く、「最近は激安のアジア製タイヤが売れていると聞きますが、性能的にはどうなのでしょう」という要旨であった。

 アジアンタイヤは、一般に韓国製や台湾製のものを指すが、私も5年ほど前、激安アジアンタイヤを試してみたことがある。韓国の『ネクセン』というメーカーのものだったが、性能的にはまったく問題なく、ごく普通に走ってくれた。値段も当時は激安と言えるレベルにあった。

 世の中グローバル時代である。アジア製だからと言って、品質がそんなに極悪なわけがない。ごく普通に走る限り、なんら問題ないと考えていいだろう。

 ただ、アジア製の中でも飛び抜けて安い中国製だけは考え物だ。中国製タイヤは韓国製や台湾製のさらに半額程度で買えるが、性能レベルもガックリ落ち、業界では「中華製」として別扱いされている。タイヤは命を預かるだけに、人命軽視の国・中国製を取り付けるのだけはいかがなものかと考える次第である。

 韓国製や台湾製は性能的に問題ないとして、価格はどうか。

 たとえばトヨタ・アクアのタイヤだと、アジア製は平均して1本4000円程度。さすがに安い。

【主なアジアンタイヤのブランド一覧】
※平均価格はトヨタ・アクアの標準装着サイズを元に算出(編集部調べ)。
●クムホ(韓国)/韓国では1、2を争うタイヤメーカー。近年は欧米のクルマにも純正採用されている:6200円
●ハンコック(韓国)/韓国ではシェア1位を誇る。日本車への純正採用例も徐々にだが増えている:5400円
●ネクセン(韓国)/韓国でシェア3位につける老舗。燃費重視のエコタイヤの開発にも積極的だ:4700円
●ナンカン(台湾)/台湾で最も古い歴史を誇るタイヤメーカー。大径サイズのタイヤが充実している:4500円
●ケンダ(台湾)/バイクや自転車用のタイヤでも有名な総合タイヤメーカー。お買い得感高し!:3600円

※週刊ポスト2015年11月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
BIGBANG、Perfume、CHEMISTRY アジア最大級の音楽賞に登場
徳大寺有恒氏 日本にとっては韓国車より中国車が怖いと分析
アジアで8割超が日本に好印象 中韓だけ日本嫌いの現実あり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。