ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性の薄毛対策 シャンプーは小さじ1、髪乾かさないのはNG

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 50才を過ぎたらハリやツヤがなくなってきた。若い頃と明らかに違う――これ、お肌の話ではない。

 日々、抗いきれない“老化”を感じるなかで、「髪の毛」の悩みを抱える人は多い。抜け毛や薄毛といった髪のトラブルは更年期症状のひとつ。そして、秋は“抜け毛の季節”でもある。9月末日に放送された『あさイチ』(NHK)でも、薄毛特集が組まれ、有働由美子アナ(46才)も「シャンプーと薄毛って関係あるんですか?」と興味津々な様子だった。

 肌の悩みと違ってなかなか人には相談しにくく、対処法もよくわからない…そんなあなたのために、その原因から対策までをご紹介します。

 男性との違いは「細く弱くなること」。女性の場合、部分的に全く生えなくなる男性の薄毛とは違い、全体的に量が少なくなるのが特徴だ。ノエル銀座クリニック院長の保志名勝さんが解説する。

「男性は、男性ホルモンが強いために育毛が阻害されて毛が抜けてしまうのですが、女性の場合は“びまん性脱毛症”といって、毛根が弱って全体的に毛が細くなったり抜け毛が増えて、ボリュームが減ります。

 出産、加齢による女性ホルモンバランスの乱れ、栄養不足、遺伝など複数の要因が考えられます。エストロゲンというホルモンが育毛を促進しますが、加齢とともに減少し、薄毛にいたるのです」

 ただし、毛根自体は生きていることが多いため、あきらめるのはもったいない。

「生活習慣や食生活を改善し、点滴などで栄養補充すれば、毛根がある程度元気になり、薄毛が改善されます」(保志名さん)

 では、日々の生活でどんなことに気をつければいいのか? シャンプーは指の腹でやさしく。頭皮を傷つけないように、指の腹を使って頭皮が動くぐらいの力で、もむようにマッサージするのが鉄則。

 かくた皮膚科クリニック院長の角田美英さんがアドバイスする。

「シャンプーの量は小さじ1杯程度が適量です。水を少量加えて手で軽く泡立てましょう。泡立てずにそのままシャンプーしてしまうと、頭皮への刺激が強すぎます。リンスやコンディショナーは毛穴を詰まらせるので、頭皮につかないよう、髪の毛の途中からつけるのがポイントです」

 洗った後のすすぎ方にも気をつけたい。たっぷりのお湯で、生え際からうなじまで流し残しがないことは基本中の基本。

「お湯の温度は38~39℃ぐらい。頭皮は熱に弱く、40℃以上だと必要な皮脂まで流してしまい、頭皮を乾燥させてしまいます。すすぎ時間は少なくとも3分間はキープしてください」(角田さん)

 ドライヤーは髪を傷めるので自然乾燥させる人もいるが、「髪を乾かさないのはNG」だと角田さんは続ける。

「濡れたままでいると、多湿を好むカビ、マラセチア菌が増殖し、頭皮環境の悪化につながるのですぐに乾かしましょう。夏は冷風、秋冬は温風でもワット数や風力が弱い設定にし、指で根元を立ち上げる。ドライヤーの先は頭皮から20cmは離し、一か所に風を当てずに全体にまんべんなく風を当ててください」

※女性セブン2015年11月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
女性の薄毛トラブルは低体温で発生する例も 低体温改善も必要
阪大教授が断言「髪の毛の洗いすぎと脱毛には相関関係なし」
1日に髪は30m成長 正しいヘアケアで頭皮ダメージ克服を

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP