ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国 一人っ子政策の影響で無戸籍者が700万人以上存在か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国共産党が5中全会(党中央委員会第5回全体会議)で「一人っ子政策」の廃止を決定したことが、大きな波紋を呼んでいる。同制度は1979年、人口増加を抑制するために導入されたが、その結果、この約35年の間に中国の人口構成は大きく歪んだ。高齢化が進む一方で若者層が減り、深刻な労働力不足は経済成長の大きな弊害要因にもなっている。全国紙の北京特派員がいう。

「制度開始以降、政府は条件付きの緩和策を相次いで打ち出し、2013年には“夫婦のどちらかが一人っ子なら2人目を産んでもいい”という大幅な緩和に踏み切った。だが、対象となる夫婦は1100万組もあったのに、実際に増えた第2子はわずか47万人。結局、制度そのものを廃止するしかなくなった」

 これまで一人っ子政策を推進してきたのは、計画生育委員会という、日本の厚労省に相当する衛生部とは独立した組織だった(2013年に統合)。この強力な集団によって“2人目を産ませないこと”が利権化し、中国全土で徹底されてきた。計画生育委員会は所轄エリアの結婚適齢期の男女をチェックし、家族計画の講習などを行なってきた。

 その一方で“一人っ子宣言”をした夫婦は、学費や学校費用の免除、夫の昇進面での優遇など、さまざまな厚遇を受けることができたという。逆に、違反した人間には厳しいペナルティが科せられた。

「数年前からは収入に応じて罰金を取る形になった。地方によっては年収の6~10倍が徴収される。世界的に有名な映画監督であるチャン・イーモウは2013年に3人の子供がいることが発覚し、約1億5000万円の罰金を払ったといいます」(前出・特派員)

 農村部では跡取りとなる男の子を欲しがるため、胎児が女と判明すると中絶するケースや、生まれても戸籍に載せないケースが横行してきた。そうした無戸籍の人は“黒孩子(ヘイハイズ)”と呼ばれ、700万人以上いるといわれる。

※週刊ポスト2015年11月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「一人っ子」は自分の妄想の世界で楽しめるが話にオチがない
生まれ順相性診断 一人っ子と末っ子カップルの結婚は最悪
韓国英字紙 尖閣巡る日中戦争で一人っ子率高い中国不利予測

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP