ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「昭和が完全に終わった」坪内祐三の人気コラム集第2弾登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『人声天語2 オンリー・イエスタデイ2009-2015』坪内祐三/文春新書/1015円

 大原麗子や高倉健が亡くなり、街から気の利いた店が消えたこの6年を、評論家の著者は昭和が完全に終わったとしている。この期間は、政権交代、東日本大震災、東京オリンピックの開催決定、『笑っていいとも!』の終了など、大きな出来事が相次いだ。

 著者は、原発の恩恵を受けた世代に反原発が主張できるのかと問い、東京オリンピックは地方との格差を広げるので反対と、独自の視点で芸能から時事問題までを論じている。移り変わりが激しい時代の流れを記録した貴重な1冊。

※女性セブン2015年11月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【キャラビズム】幻の東京オリンピック1940年を知る人は?
1等3億9千万円オータムジャンボ宝くじ 「18万台」が狙い目
奥田英朗のサスペンス大作『オリンピックの身代金』が文庫化

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP