体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

難問続出の『FRISK QUIZ』は本当に解けるのか? 実物で解答にチャレンジしてみた

生活・趣味
難問続出の『FRISK QUIZ』は本当に解けるのか? 実物で解答にチャレンジしてみた

6月9日から平日に毎日出題されているミントタブレット『フリスク』の『FRISK QUIZ』。毎朝9時に発表される問題はブラウザやiPhoneアプリから解答でき、正解者には出題のIQと正解者の順位が発表されます。記事に書いてから筆者も何度か挑戦しているのですが、どれもなかなかの難問ぞろい。やっているうちに「これ本当に解けるのかなあ?」と疑ってしまうこともしばしば。「ブラウザでやっているから難しいのかも?」と思ったので、出題内容を実物で再現して解いてみることにしました。

※記事には複数の画像が含まれます。配信先などですべての画像が表示されない場合はこちらをご覧ください

6月20日の出題内容

6月20日の出題内容は、『フリスク』のケースを並べた画像に青い太線が描かれていて、これを一筆書きするというもの。

『フリスク グリーンライムミント』5コを調達

画像のとおり、ちょうどその日にリニューアル発売された『フリスク グリーンライムミント』を5コ買ってきて再現してみます。

通過点をマーカーで塗っていきます

プリントアウトした画像のとおりにケースを並べ、画像のとおり通過点を赤いマーカーで塗っていきます。

ポイントはケースの重なった部分

「同じ線は二度引けない、線は戻れない」という一筆書きのルールで、いろいろな点を始点に試行錯誤していると、どうしても線が引けない個所を発見。ケースが重なるように配置した線が、どうやっても引けずに残ってしまうのです。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会