ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

幻想的な美しさにうっとり♡水面に映る紅葉を見に行こう【三重・石川・香川】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
特別名勝 栗林公園

今の季節しか出会えない紅葉絶景。みんなで楽しく見る紅葉も良いですが、たまには大人のしっとりした紅葉を楽しんでみるのはいかが?。

今回は、川の流れに任せて流れる、幻想的な「水紅葉」スポットをご紹介!水面に揺らめく逆さ紅葉や、ライトアップされて水に浮かび上がる真っ赤な紅葉。

水ともみじの競演が作る幻想的な雰囲気に、思わずうっとりしちゃうかも♪今しか出会えない水紅葉を見ながら、おとな時間を楽しみましょう。

1.【三重県名張市】紅葉スポット:赤目四十八滝

イロハモミジやカエデが個性豊かな名瀑と競演。

赤目四十八滝1 高さ8mの滝が2本に分かれる荷担(にない)滝は赤目四十八滝のシンボル。入山口より徒歩1時間10分

例年見頃 11月上旬~下旬

約4kmの遊歩道に大小さまざまな滝が姿を見せる。紅葉ライトアップでは、入山口から徒歩約6分の不動滝まで幻想的に彩られ、ハート型のキャンドルオブジェなど撮影ポイントも登場予定。 赤目四十八滝(あかめしじゅうはちたき)
TEL/0595-63-3004(赤目四十八滝渓谷保勝会)
住所/名張市赤目町長坂861-1
営業時間/8時30分~17時(ライトアップは10月31日~11月30日の16時~20時)
定休日/なし
料金/入山料大人400円、小・中学生150円
駐車場/1000台(800円)
「赤目四十八滝」の詳細はこちら

立寄りスポット:矢の伊老舗

矢の伊老舗

酒粕の華やかな香りが口の中に広がる、酒まんじゅう「佐伊助饅頭」が人気。名張の地酒の酒粕を生地に練り込み、中には上品な甘さの小豆こし餡がぎっしり。 矢の伊老舗
TEL/0595-63-0553
住所/名張市鍛冶町73
営業時間/9時~18時頃
定休日/木曜(祝日の場合は営業)
駐車場/なし
「矢の伊老舗」の詳細はこちら

立寄りスポット:伊賀銘菓処まついけ

伊賀銘菓処まついけ1 伊賀銘菓処まついけ2

忍者の携帯食「かたやき」の専門店。炊き上げた砂糖蜜と小麦粉を混ぜた生地を、1枚につき30分かけて焼き上げる。驚異の硬さゆえミニ小槌で割って食べて。 伊賀銘菓処まついけ
TEL/0595-63-0907
住所/名張市東町1671-4
営業時間/8時頃~18時頃
定休日/不定
駐車場/3台(無料)
「伊賀銘菓処まついけ」の詳細はこちら

立寄りスポット:賛急屋

賛急屋1 賛急屋2

1930年創業の老舗。名物「なばり饅頭」はもっちり食感の薄皮に、なめらかなこし餡が詰まった懐かしい味わい。 賛急屋(さんきゅうや)
TEL/0595-63-0353
住所/名張市平尾3225-4
営業時間/8時~22時30分、土日祝~21時
定休日/なし
駐車場/なし
「賛急屋」の詳細はこちら

立寄りスポット:洋食モリワキ

シェフが華麗に焼き上げる伊賀牛ステーキのディナー。

洋食モリワキ1 目の前で焼く臨場感も魅力

洋食モリワキ2 ランプ肉は特に旨み濃厚!約120gを贅沢に

伊賀牛専門精肉店が直営するステーキハウス。伊賀牛は市場にあまり出回らない稀少ブランド牛で、赤身の旨みが濃厚と評判。人気のステーキコースのほか、ランチ限定でハンバーグ1080円なども。 洋食モリワキ
TEL/0595-63-0071
住所/名張市中町370-7
営業時間/11時~15時30分(LO14時30分)、17時~21時(LO20時30分)
定休日/月曜
駐車場/5台(無料)
「洋食モリワキ」の詳細はこちら

立寄りスポット:cafe 松風

縁側で庭を眺めながらカクテルでほろ酔い気分。

cafe 松風 ソファで寛ぐのも◎

築150年余の元料亭をリノベーションしたカフェ。夜はビールやカクテルのほか、その日替わりで小皿料理やおつまみも楽しめる。サイフォンで淹れるコーヒーを目当てにひとりで訪れる人も多いとか。 cafe 松風(まつかぜ)
TEL/0595-44-6355
住所/名張市上本町34(上本町サンロード商店街内)
営業時間/8時~21時(21時迄に入店すれば営業延長)
定休日/月曜
駐車場/10台(無料)
「cafe 松風」の詳細はこちら

2.【石川県加賀市】紅葉スポット:鶴仙渓

大聖寺川沿いの遊歩道や橋の上を紅葉さんぽ。

鶴仙渓1 真っ赤なモミジが渓谷を覆うように彩り、水面に映る姿も風情豊か

鶴仙渓2
遊歩道は片道約30分。鶴仙渓に架かるこおろぎ橋は総ひのき造り(写真/石川県観光連盟)

例年見頃 11月中旬~12月上旬

こおろぎ橋から黒谷橋までの約1.3kmにわたって遊歩道が続き、渓谷の中から紅葉を見上げるように楽しめる。S字型のカーブを描くあやとりはしも名物で、紅紫色のモダンな橋が紅葉に映える姿も美しい。 鶴仙渓(かくせんけい)
TEL/0761-78-0330(山中温泉観光協会)
住所/加賀市山中温泉
営業時間・定休日/観賞自由(ライトアップは通年日没~23時)
駐車場/20台(無料)
「鶴仙渓」の詳細はこちら

立寄りスポット:かがり吉祥亭

秋色が揺れる湯に浸かり、カラダ全身で秋を感じて。

かがり吉祥亭
流れる、映る、「水紅葉」

例年見頃 11月中旬~12月上旬

鶴仙渓の紅葉に包まれる湯宿。露天では、錦秋に染まる絵巻物のような渓谷美を眺めつつ、せせらぎの音にも癒される。女性は珍しい立ち湯露天、男性は野趣あふれる岩露天でまろやかな名湯をとくと。 かがり吉祥亭
TEL/0761-78-2223
住所/加賀市山中温泉こおろぎ町二-1-1
営業時間/日帰り入浴12時~16時(最終受付15時30分)
定休日/なし
料金/入浴料大人2000円、子ども1000円(ロビーラウンジにて珈琲or紅茶付、バスタオル・タオル有)、ランチ&日帰り温泉プランも有
駐車場/30台(無料)
「かがり吉祥亭」の詳細はこちら

立寄りスポット:けんさん亭

目にも麗しきカニごはんで、プチ贅沢なランチを満喫。

けんさん亭1

けんさん亭2 カニ雑炊とカニ茶めし、2種類のカニごはんを味わえる「加賀カニごはん」1800円※前日迄に要予約

けんさん亭3 和洋多彩な料理が評判

地元の新鮮食材や調味料を使い、地魚の一夜干しまで手作りするこだわりの食事処。橋立漁港で水揚げされた雌の香箱ガニを使うご当地グルメ「加賀カニごはん」は、5種の小鉢付でボリュームもたっぷり。 けんさん亭
TEL/0761-78-0559
住所/加賀市山中温泉本町2-ナ-28
営業時間/11時~14時30分、17時~21時
定休日/火曜
駐車場/3台(無料)
「けんさん亭」の詳細はこちら

3.【香川県高松市】紅葉スポット:特別名勝 栗林公園

昼と夜の紅葉を見比べたい、池泉回遊式の大名庭園。

特別名勝 栗林公園
歴代藩主も使った茶室「掬月亭」から望む「楓岸」のライトアップ

例年見頃 11月中旬~12月上旬

6つの池と13の築山を巧みに配した日本を代表する大名庭園。和船が運航される「南湖」に面した「楓岸」は、約80本のカエデが色付く園内屈指の見どころ。張り出した枝が園路を覆い紅葉のトンネルに。 特別名勝 栗林公園(りつりんこうえん)
TEL/087-833-7411
住所/高松市栗林町
営業時間/7時〜17時(時期によって異なる) ※ライトアップ(11月21日〜30日)17時30分〜20時、和船9時〜最終乗船16時(ライトアップ期間は最終乗船20時)
定休日/なし
料金/入園料一般410円・小中学生170円、和船乗船料一般610円・小中学生300円
駐車場/県営62台(25分100円) ※周辺に有料駐車場多数
「特別名勝 栗林公園」の詳細はこちら

立寄りスポット:日暮亭

草庵型の茶室で秋を味わう、料亭仕立ての上品な弁当。

日暮亭1 露地の紅葉も美しい

日暮亭2 名物のあん餅雑煮が付く秋の「日暮弁当」(2000円・要予約・2名~)

明治時代に建てられた園内の茶室。瀬戸内産サワラの押し寿司やきのこご飯など、香川の食材をふんだんに使った弁当は地元の老舗料亭が手掛ける上品な味。白味噌であん餅が入った讃岐伝統の雑煮も付く。 日暮亭(ひぐらしてい)
TEL/0120-85-7170(料亭二蝶)
住所/高松市栗林町(栗林公園内)
営業時間/土曜・日曜・祝日の9時~16時(食事は3〜6月・9〜11月の11時~15時)
料金/別途栗林公園入園料
定休日/月曜〜金曜(祝日は営業)
「日暮亭」の詳細はこちら

立寄りスポット:中西うどん

やっぱり立ち寄りたい

中西うどん 定番の「かけ」(1玉250円)。ダシを自分で注ぐセルフ式

昔ながらの手打ちにこだわり、早朝から満席になる超人気店。足踏みの強いコシで角のしっかりしたうどんは讃岐うどんの醍醐味。お土産コーナーも充実。 中西うどん
TEL/087-885-1568
住所/高松市鹿角町899-3
営業時間/6時~15時(日祝7時~14時)
定休日/木曜(臨時休業あり)
駐車場/30台(無料)
「中西うどん」の詳細はこちら

※この記事は2015年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

【秩父長瀞】見るだけじゃない!アクティブに紅葉を満喫するおすすめプラン
11月中旬から見ごろ!名古屋市内で紅葉を楽しめるスポット5選
「香嵐渓」だけじゃない!美しすぎる!愛知のおすすめ紅葉スポット13選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。