ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自転車好き必見!コンパクトなデジタルコンパス「HAIZE」が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自転車に乗る機会が多い人にとって、市街地や繁華街のような入り組んだ場所で道に迷ってしまうのが心配だが、「HAIZE」のようなツールがあれば大きな助けになりそうだ。

・コンパクトな“デジタルコンパス” アプリと連動

ロンドンのデザイン会社Onomoが開発した「HAIZE」は、いわば“デジタルコンパス”。

手のひらにスッポリ収まるこのコンパクトなガジェットは、北を指す代わりに、シンプルなLEDディスプレイに情報を表示し、目的地を指し示してくれるナビゲーションツールだ。Android、iOS専用アプリと連動して動作する。

ガジェットはゴム製バンドを使って自転車のハンドルバー部分に設置する。ユーザーは次に、専用アプリを立ち上げて目的地をセット。その後は、スマートフォンはポケットにしまっておいて大丈夫だ。

・2つのモードを用意

すると、すぐにナビゲーションがスタートする。「HAIZE」には2つのモードがあり、1つめは“compass mode”だ。

外側のLEDポイントは目的地のおよその方角や位置を示し、ユーザーは到達ルートを自由に自分で決めることができる。

中央部のLEDポイントの点滅が速くなると、目的地へ近づきつつあることを示し、赤色になった場合には、目的地からはるかに遠のいてしまっていることを示す。

2つめは“navigation mode”。目的地までの特定のルートを提示し、右折、左折の地点をお知らせする。

中央のLEDの点滅が速くなると、目的地に近づいていることを示すのは先ほどと同様。

外側LEDの数が、目的地までの距離、および曲がる方向を大まかに示している。外側LEDが1つ点灯していて、かつ中央LEDが白く点滅しているときには、曲がるタイミングだということを表す。

・磁力計、加速度計、ジャイロスコープを内蔵

アルミニウム製のガジェット本体には、磁力計、加速度計、ジャイロスコープが内蔵されており、周辺環境に応じ、ライトセンサーがLEDの明るさを統制している。

バッテリーは通常の使用で2週間ほどもち、マイクロUSBで充電が可能だ。

・Kickstarterで出資を受付中

道中に、スマートフォンでいちいちルートやマップを確認しなくて済むので走行に集中でき、安全という運転の意味性もアップしてくれる「HAIZE」。クラウドファンディング「Kickstarter」で、12月8日まで出資を受付中だ。

HAIZE

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。