体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

香港の夜景を堪能する!おすすめスポット&レストラン10選

Photo credit: Kasumi Jou「香港旅、初日の夜はこれだ★水上で広東グルメ&100万$の絶景」

Photo credit: Kasumi Jou「香港旅、初日の夜はこれだ★水上で広東グルメ&100万$の絶景

こんにちは。TRiPORTライターのTKです。

世界中から観光客だけでなく、国際都市として多くのビジネスマンも訪れる「香港」
人口は約710万人、香港は香港島を中心に200以上もの島から構成されており、1104㎢の国土面積の中にそびえ立つ高層ビルの数々、しかし中心部から20分もすれば海にいけたり、屋台がぎっしりと詰まった通りやネオン街など様々な顔を持ち多くの人々を虜にしています。
そんな香港だからこそ、数え切れないほどの電子看板や高層ビルの明かり、街灯などが演出する夜景は見る者の心を掴んで離しません。今日はそんな魅力的な香港のオススメ夜景スポットを10個紹介していきます。

香港のおすすめ夜景スポット10選

香港の夜景を堪能する展望台・スポット8選

1. ビクトリア・ピーク

「100万ドルの夜景」という言葉が生まれたのはまさにココ、香港で一番高い山である太平山の山頂から見える夜景の事なのです。密集して建てられた高層ビルの存在感、その奥に広がる海とそこに浮かぶ船の優しい光などが演出する夜景は圧倒されてしまいます。
その中でもビクトリア・ピークは夜景を展望するために造られた場所で世界三大夜景の一つにも選ばれている最も有名な夜景スポットです。山頂に行くまでの登山電車「ピークトラム」は急斜面を登るため立ち上がれないほどでこれはこれで面白い?!

アクセス:フェリー乗り場7番の前にあるピークトラム駅行きの15Cバスで約10分、そこからピークトラム(登山電車)で約6分
営業時間:7:00~24:00
交通料金:ピークトラム(往復)大人 HK$40/子供 HK$18 (有料展望台入場券+トラム往復)大人 HK$65/子供 HK$31
注意点:土日は休日のためビルの光が消えている所が多いので平日に行く事をオススメします。また、香港のバスはお釣りが出ないので小銭などを準備しておくと良いでしょう。

2. 司徒抜道瞭望處(スタッブスロード展望台)

Photo credit: Colin Tsoi via Flickr cc

Photo credit: Colin Tsoi via Flickr cc

1 2 3 4 5 6次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会