ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年のクリスマスは、スター・ウォーズ! 来年のクリスマスは、マーベル最強の魔法使いドクター・ストレンジが降臨するのだ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

皆さん、今年のハロウィンはいかがでしたか?
僕は、
今年DCヒーロー フラッシュ
に扮し、バットマンやスーパーマンたちと街の清浄化に勤めました!
その様子は、ぜひこちら
この映画部の「続・鴇田崇の映画でいっぱいいっぱい」
の鴇田崇さんも取材にきてくれました!
さてもうすぐジェダイと007、スヌーピーに会えるわけですが、
来年のクリスマス映画の話題! 
「ドクター・ストレンジ」について、今日はお話しします!
公開=16年11月4日まで、1年きりましたから(笑)

「ドクター・ストレンジ」とはマーベル・コミックの中でも
カルトな人気を誇るヒーローの一人です。
ガーディアンズ オブ ギャラクシーが宇宙系、
マイティ・ソーが神話系、
デアデビルがストリート系、
ゴーストライダーが魔界系、
アイアンマンやキャプテン・アメリカがグローバル系、
とするならば、
彼は 魔法系のヒーローです(笑)

原作コミックでの、オリジン(誕生秘話)は・・・
宥名な、けれどちょっと傲慢な天才医者ステファン・ストレンジ博士は交通事故に遭い、メスを握る大事な腕を負傷してしまいます。どうしても腕を直したいストレンジは魔法使いジ・エンシェント・ワンの噂を聞き、ワンが自分の腕を治してくれることに望みをかけ、彼のいる秘境を訪ねるのです。ワンは、ストレンジに何かを感じ、彼を弟子にする。実はワンは、魔界の侵略から人類を守る魔法使いだったのだ。最初はとまどうストレンジだったが、やがてワンの後をつぎ、ストレンジは、最強の魔術師の称号”ソーサラー・スプリーム”を得て、魔法ヒーローとなる…というお話でした。

設定もさることながら外見もユニーク。また結構年配の男性で、髪の毛に白髪があるイメージ。それが東洋風の派手なコスチュームを着ているので、見た目も異色。スパイダーマンの作者としても有名なスティーブ・ディッコが作り出したヒーローで、彼の代表作はスパイダーマンより、このドクター・ストレンジと言う人も多い。

僕が、昔読んだコミックだと、”元・外科医”という設定だった記憶があるのですが、映画版では”元・神経外科医”なようです。

このヒーローをベネディクト・カンバーバッチが演じます!!
先ごろ ネパールでも撮影風景がネットにあがりました!→http://supi.wablog.com/4915.html
きっと前述の”ジ・エンシェント・ワンを訪ねる”シーンだと思います。
このジ・エンシェント・ワンを演じるのは(一時期 渡辺謙さんという噂もあったのですが!)アカデミー賞女優のティルダ・スウィントン。女優にこの役を演じさせるとは、どうなるか楽しみです。彼女は「ナルニア国物語」の白い魔女や「コンスタンティン(これもオカルト・ヒーローを描いたアメコミ原作ものでした9)の天使ガブリエル役が印象的だったので、ハマるかも。
宿敵である魔道士バロン・モルドウ役に黒人俳優のキウェテル・イジョフォー、そして日本でも人気が出てきたマッツ・ミケルセンが、なんらかの重要な役で登場する模様です!!

なおマーベル映画の今後の公開スケジュールは
「キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー」2016年5月6日
 (日本公開は全米より早い4月29日予定!)
「ドクター・ストレンジ」2016年11月4日
「ガーディアンズ オブ ギャラクシー Vol 2」2017年5月5日
「新スパイダーマン」(SONY)2017年7月28日
「マイティ・ソー:ラグナロク」2017年11月3日
「ブラック・パンサー」2018年2月16日(当初の公開日から変更)
「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォーPART1」2018年5月4日
「アントマン & ワスプ」2018年7月6日
「キャプテン・マーベル」2019年3月8日(当初の公開日から変更)
「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォーPART2」2019年5月3日
「インヒューマンズ」2019年7月12日
「タイトル未定」2020年5月1日
「タイトル未定」2020年7月10日
「タイトル未定」2020年11月6日
となっており、
「キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー」で、ストレンジについて何らかの言及がされるかもしれません。実は映画「キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー」の中で、ヒドラ党にとって都合の悪い人間を瞬時に抹殺するプロジェクト・インサイトにおいて、ターゲットの一人として”ストレンジ博士”の名が出るシーンがあり、彼のマーベル・シネマティック・ユニバースへの登場は、このときから予告されていたのですね。

また原作コミックでは、ドクター・ストレンジは、これからのアベンジャーズ映画の敵となるサノスとインフィニティ・ガントレットのエピソードに深く関わってくるキャラなので、恐らくインフィニティ・ストーンまわりで「ガーディアンズ オブ ギャラクシー2」につながり、18年と19年連続公開の映画「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」にも登場するでしょう。

もし映画「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」に、ロバート・ダウニィJr(RDJ)がアイアンマン役続投なら、ベネディクト・カンバーバッチと言えば、TVドラマ「シャーロック」。RDJと言えば、映画「シャーロック・ホームズ」シリーズなわけで、2大シャーロック・ホームズ役者が、共演です! さらにRDJの「シャーロック・ホームズ」でヒロインを演じたレイチェル・マクアダムスが、「ドクター・ストレンジ」のヒロイン役で登場です(ややこしい!)

監督はスコット・デリクソン。一番有名な作品はキアヌ・リーブス出演の「地球が静止する日」(08)僕は個人的に、05年のエクソシスト×法廷ものの「エミリー・ローズ」が好きでした。またホラー映画ファンにとっては「ヘルレイザー ゲート・オブ・インフェルノ」(00)が有名らしい。どうやら、オカルト・ホラーが得意な監督なので「ドクター・ストレンジ」にはあっているかもしれません。

原作コミックでは、力VS力のパワーバトルとは一味違う、
魔法VS魔法のファンタスティック・バトルが印象的でした。
今回の映画でも、最新のVFXと、そして何よりもカンバーバッチが醸し出す妖しいオーラが、いまだかつてない魔法世界を見せてくれるのではないでしょうか?

魔法使いが得意のディズニーが仕掛ける、マーベルの魔法使い映画です!

(文/杉山すぴ豊)

■関連記事

第31回 進撃のハリウッド巨人たち! 『パシフィック・リム2」から『トランスフォーマー8』まで!
第30回 Netflix日本上陸! 注目は『デアデビル』
第29回 空飛ぶ初恋、スーパーガール見参!

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP