体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バブルサッカーを初体験! ナメてかかったら死にそうになったぞ!

01_IMGP7444

バブルと呼ばれる巨大な風船の中に入ってサッカーを楽しむ『バブルサッカー』
もともとはノルウェーのバラエティ番組の企画だったそうですが、近年は日本でも注目を集めていて、ラウンドワンのスポッチャ全店舗でも体験ができるそうです。

僕はまだプレーしたことがなかったのですが、ひょんなことから体験できることになり、ナメてかかったら思いのほかキツくて死にそうになった話を紹介したいと思います。

体験イベントのお手伝いをすることに

02_IMGP7186

先日、いつもお仕事をいただいている会社さんから「普段、在宅ワークでお仕事を頼んでいるご家族を招待してバブルサッカーのイベントを開催するので、ノジーマさんにもお手伝いしてほしい」と連絡をいただきました。
これは素晴らしいイベント!
バブルサッカーにもとても興味があったので、これは是非ということで参加させていただきました。

会場は東京タワーメディアセンター。
もともとはテレビ収録スタジオだったスペースに、バブルサッカー用のコートが用意されていました。

03_IMGP7284

大量に用意された等身大のバブルを前に、子どもたちは興奮気味!
まずはインストラクターの方がバブルの装着の仕方を教えたり、バブルを装着した状態で相撲をしたり、簡単なレクリエーションをしながらバブルに慣れていきます。

そんな中、僕は調子に乗ってすぐ転ぶ子どもたちをニヤニヤしながら眺めつつ、写真を撮ったりしていました。
高みの見物というやつですね。

バブルサッカーキックオフ!まずは子どもたちが挑戦

04_IMGP7356

そして、バブルに慣れてきたところで、いよいよバブルサッカーのキックオフ!
まずはこの日の主役である、子どもたちが試合をおこないます。
公式なルールは5対5でおこなうことになっているそうですが、今回はやりたいと希望した子どもの人数に合わせて臨機応変に試合をおこないます。

05_IMGP7373

試合を見ていると、誰もがすぐに気がつくと思うのですが、ゴールの大きさに対してバブルがでかいんです。でかすぎます。
ゆえに、ゴールの前で1人か2人立ちっぱなしでいれば、ほぼ間違いなくゴールを決められないんです。

ちびっ子たちはそれに気づかず、全員が夢中になってボールを追いかけ、そしてしょっちゅう転びます。
僕はカメラを構えながら、ニヤニヤが止まらなくなってきました。

子どもの部終了!続いて大人も試合に挑戦!

そして4分ハーフの試合を終え、子どもたちがかなり疲れた様子でコートから出てきました。
さんざん転んでたから体力の消費が激しかったのでしょう。

そして、次はお母さんたちがバブルサッカーに挑戦することになりました。

06_IMGP7399

お母さんたちが大人用のバブルに身を包むと、あることに気がつきました。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。