ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お薬は用法・用量を守って正しくお使いください

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカでは近年、薬のオーバードーズ(過剰摂取)によって命を落とす人が増加し、問題となっている。特に、女性のオーバードーズ問題については、2013年にアメリカ疾患予防管理センター(CDC)が発表した、処方鎮痛薬に関する死亡統計で特集が組まれて話題を呼んだ。本来、痛みを和らげるはずの鎮痛薬だが、慢性的な痛みから何日ものあいだ服用し続けることで耐性が生じ、徐々に規定量では効果を感じにくくなってオーバードーズに至るケースが多いようだ。そんななか、登場したのが、薬の摂取スケジュールを管理してくれるデバイス「Lumma」だ。

保管もこれひとつ! 健康を見守りコントロールする”管理人”

「Lumma」には3カ月分の薬を6種類保管できる「Model 6」と、12種類保管できる「Model 12」の2種類のモデルがある。

専用アプリに接続して薬の摂取スケジュールを設定しておけば、時間になるとアラート通知をスマートデバイスに送ってくれる。さらに、Lummaも光の点滅とアラーム音で摂取時間を知らせてくれるのだ。Lummaは自動的に薬を種類別に選び、その日に飲むべき薬の組み合わせを提供してくれる。曜日ごとに薬を保管するピルケースよりも圧倒的に手間がかからない上に、その日に飲むべき薬を確実に摂取することができる。もちろん、飲み忘れやオーバードーズの防止にもつながるだろう。また、避妊中で毎日ピルの摂取が必要な人や、サプリを摂取するスポーツアスリートなど、薬を飲む種類、量、時間に気を付けなければならない人にも役立つだろう。

離れて暮らす両親の健康も見守ることも

アプリでは、薬の服用状況やサプリについての情報を、友人・家族や医師と共有することもできるので、安心して治療に取り組めるだけでなく、遠方に暮らす親を見守るのにも役立つ。スマートフォンを持っていない人も、テキストメッセージ(SMS)を受信できる携帯を持っていれば、アプリ同様の機能を得られる。

「Lumma」は、Kickstarterから始まったプロジェクト。支援はすでに受付期間が終了しており、目標金額の10万ドルを上回る資金の調達に成功。現在、Kickstarterにて注文&販売を受け付けている。

関連リンク

Lumma

関連記事リンク(外部サイト)

スマホアプリ、容量を食っているのは……?
スマホ用お手軽撮影ガジェットで、目指せスマホ映画のスマホ監督!
映画好きはアプリに集う? 失敗しない映画選びを「Filmarks」で

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP