体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

厚切りジェイソンに聞きたい理不尽な英語!Why English People?!

Why Japanese People?! Why?!

R-1ぐらんぷり2015の決勝に進出したお笑い芸人の厚切りジェイソンさんは、日本語の理不尽な語法・文法を外国人の視点で切り取り一世を風靡しています。決めセリフの”Why Japanese People?! Why?!”は、あまりにも有名ですね(笑)

しかし英語にも理不尽な要素はたくさんあり、われわれ日本人が英語を学ぶ際の障壁となっています。今日はそんな理不尽な英語を、例文を解読しながら学んでいきましょう!

Why English People?!

まず、以下の3つの例文をご覧ください。
① The bandage was wound around the wound.

② The farm was used to produce produce.

③ The dump was so full that it had to refuse more refuse.

【出典】English Isn’t As Easy As You Think. This Guy Nails It.

どちらも同じ単語がセンテンス内で繰り返されています。さて、皆さんはこの英文を解読できますか?

解読してみよう

【解説】

① The bandage was wound around the wound.

皆さんご存知の「風」という意味の名詞“wind”は、動詞になると「巻きつける」という意味があります。この過去分詞形が、1つ目の“wound”です。2つ目の“wound”は名詞で、「傷」という意味があります。

したがってこの文章は「包帯が傷の周りに巻き付けられた」という意味になります。

 

② The farm was used to produce produce.

1つ目の”produce”には、皆さんがよく知る「生産する」という意味があります。では、2つ目の”produce”にはどんな意味があるのでしょうか? 「何かを生産している」ということですから、きっと2つ目の”produce”は名詞ということでしょう。

辞書を開いて”produce”を調べると、動詞の「生産する」という意味のほかに名詞の「農産物」という意味があるのがわかります。したがってこの文章は「この農場は生産物を生産するために使われていた」という意味になります。

ちなみに「工業生産物」は英語で”product”となります。こちらも似ているので注意しましょう。

 

農場
1 2次のページ
英会話通信の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。