ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

埼玉と千葉どっちが上バトル ナイツ塙、インパ板倉らが舌戦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1位・東京、2位・神奈川。関東地方を格付けするなら、ま、それほど異論はないだろう。でも、それに続く第3位はどこなのか。その座を激しく争っているのは、埼玉と千葉だ。今回、長年にわたる戦いに終止符が打たれる!?

「千葉県にはなんといっても海があります。三方を海で囲まれているから、県民は『島国』と表現することがあるほど。埼玉には残念ながら海はないですよね」(『千葉のおきて チバを楽しむための54のおきて』の監修を務めたほそいあやさん)

 あくまで穏やかに、しかし、いきなり埼玉の急所をついたほそいさん。さらにこう追い撃ちをかけた。

「埼玉・越谷市のしらこばと水上公園には、オーストラリアの砂浜を輸入して敷き詰めた人工砂浜があります。その名も『ホワイトビーチ』。そういう話を聞くと、どれだけ海に憧れているんだって思いますよね」(ほそいさん)

 埼玉県も負けてはいない。小・中・高校を埼玉で過ごした応援団長のインパルス・板倉俊之(37才)が反撃の口火を切った。

「海はあったらいいと思いますが、それは、あくまでも沖縄みたいなきれいな海です。昔行った千葉の海は、花火の残骸やお菓子の空き袋が落ちていました。人間の醜さを強く感じましたね。今はどうなっているかわかりませんが、そんな海なら要りません」

 千葉が続いて「観光力」で埼玉を迎え撃つ。応援団長で千葉出身のナイツ・塙宣之(37才)が応戦!

「千葉にはディズニーリゾートがあります。『東京』と名づけられていますが、千葉からお願いしたことではないですから。そうつけさせてあげているだけです」

 東京ディズニーリゾートの年間入場者数は、約3137万人(2014年)と全国のテーマパークの中で、第1位だ。さらに、こうたたみかけた。

「埼玉にはスーパーアリーナがあって外国人タレントが来ますけど、その人たちは全部成田空港に到着します。つまり、千葉がないと、埼玉はコンサートすら開けないんですよ」(塙)

 対する埼玉側から「そもそも観光を施設で語るな!」とこんな意見が飛び出した。『うんちく埼玉』著者の谷村昌平さんは、埼玉の「観光」の魅力は施設ではないと話す。

「小江戸といわれる川越の街並みや秩父の自然の景観など、埼玉には観光地があります」

 そして、ディズニーについては板倉が苦言を呈す。

「千葉県民は、ディズニーリゾートに『東京』と名がついていることを、もう少し恥じたほうがいいと思いますけどね。千葉ディズニーランドだったら、千葉のものって言っていいですけど…」

「2017年には埼玉にも大型観光施設もできる予定で、観光施設においても千葉を上回る」と、『埼玉あるある』著者のさいたま与太郎さんが明かす。

「埼玉の飯能市にムーミンのテーマパークができます。広さはなんと東京ドーム4個分。舞台となるフィンランド料理レストランが併設される予定など、一大娯楽施設になること間違いなしです」

 そんな埼玉の言い分に塙がこう切り返す。

「千葉のいすみ鉄道は、ムーミン列車という観光列車があります。車窓から見える花畑がまるでムーミン谷のようだから、そう名づけられています。今さらムーミンのテーマパークですか? パクってませんか?」

 こうして見てみると、埼玉が少し不利なように見えるが、それこそがいちばんのいいところだと板倉は胸を張る。

「何もないんですよ、埼玉は。出身地トークで『埼玉です』と答えて盛り上がったためしがないですから。埼玉県民には誇りがないから、すべてを受け入れます。関東第3位は千葉にあげてもいい。ああ、いいですよ。そうやって言えるのが千葉にはない埼玉の強みです」(板倉)

 対する千葉も負けて(?)はいない。

「埼玉県民と違って、千葉県民は、どこか一歩引いて見る人が多いです。マツコ・デラックスさんとか。だから、こっちこそ、この対決なんかどうでもいいんですよ!」(塙)

※女性セブン2015年11月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
千葉出身女性「東京の次は千葉。埼玉なんか話にならねぇべ」
千葉県出身妻 息子の彼女が埼玉出身と知り「今すぐ別れろ」
「千葉は東京なの!」と言い張る女 「埼玉と一緒にしないで」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP