ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年上女性を振り向かせるための8つのアプローチ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

年上女性にアプローチしたくても、どうやったら良いのか分からない!という男性も多いのではないでしょうか?

そこには、「自分よりも年上だから、経験があり見る目が養われているにちがいない」という先入観もあると思います。

あまり固くなりすぎず、以下のような点に気をつけてアプローチしてみてはいかがでしょうか。

1.「意外と話が合うかも?」と思わせる

年上女性が年下男性とお付き合いする面でネックになるのは「ジェネレーションギャップ」です。

年上女性にアプローチをしたいのであれば、相手の時代に合わせた流行りなどをチェックしておいて、ジェネレーションギャップを感じさせず、「意外と話が合うかも?」と思わせることが大事です。

2.レディーファーストを心がけて感心させよう

色んな男性を見てきた年上女性は、レディーファーストがさり気なく出来るか否かを判断基準にしていることもあります。

お店に入る時は扉を開けて女性を先に通してあげる、歩道を歩く時は自分が道路側を歩くなど、些細なレディーファーストは点数が高いかも?

3.実はネタいじりは年上女性に効果的?

年上だから敬意を持って接しなくては…と思っているかもしれませんが、実は、男性からネタとしていじられると、嬉しくなってしまうという女性心理もあります。

笑いにしてイジることにより、年齢差もあまり感じなくなり、心の距離もぐっと近づきます。

ただし、コンプレックスをネタにするのではなく、笑える範囲で!

4.リードして”ギャップ萌え”を狙おう

あまり無理をして背伸びをしすぎるのは失敗のもとですが、年上女性をリードしてあげることを心がけてみましょう。

年下の男性だと思っていたのに、頼りがいのある一面を見せられれば、その意外性でドキッとさせることが出来るかもしれません。

5.デートは年上女性の趣味に合わせたコースを選ぶ

年齢に差がある場合、どうしても休日の楽しみ方に差が出てくる事があります。

デートの約束をしても、自分の趣味に偏ったコースを選ぶとガッカリされて、せっかくのアプローチも水の泡になってしまうかも?

相手の喜びそうなコースを考えておきましょう。

6.ブレない”芯の強さ”を見せよう

若いというだけで、自分の意思が定まらず、適当に流されるのではないかという先入観を持っていませんか?

自分の考えをきちんと持ち、周囲に流されたりしない「芯の強さ」のあるところを見せると、男性的な魅力に年上の女性もハッとするかもしれません。

7.アプローチする時は敬語を避ける

「年上には敬語を使うもの」というのは当然の礼儀ではありますが、アプローチをかけるような場合は別。

特に年上女性は、年齢差を気にしてしまいますので、そこで敬語を使ってしまうと、冷静になってしまい恋愛対象として考えられなくなる可能性も…。

アプローチをかけるような場面では、避けたほうが良いでしょう。

8.年下ならではの「可愛らしさ」も武器にしよう

年下の男性ならではの自然体の「可愛らしさ」というものは、同年代や年上の男性には真似できないものです。

ここぞというところで甘えてみたり、無邪気さを出したりして、年下男性特有の可愛さで母性本能をくすぐりましょう。

年上女性にアプローチする時は、あまり年齢を意識しすぎず、一人の女性として向き合うことが大事です。男性としての包容力にも年齢は関係ありません。変に大人ぶって背伸びをすると、滑稽に見られてしまうかもしれないのであくまで自然体で!

関連記事リンク(外部サイト)

年上女性が男性に求めている8つの恋愛心理
年上男性を振り向かせるための8つの効果的なアプローチ
B型女性に効果的な8つのアプローチ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP