体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『BLACK+DECKER コードレスハンディクリーナー pivot3』側に置きたくなるイケメンルックスな一品

CR5_4409

DIY女子を筆頭にそのロゴを見ただけで目がハートになってしまう海外有名工具ブランド、BLACK+DECKER(ブラック・アンド・デッカー)。そこから見た目が相当イケメンな『BLACK+DECKER コードレスハンディクリーナー pivot3』(参考価格 税抜11000円・2015年10月発売)が登場。輸入販売元はポップリベット・ファスナー株式会社ブラック・アンド・デッカー事業部(東京都豊島区)。

 

世界最大の電動工具メーカーのブラック・アンド・デッカー。そのコードレスハンディクリーナーとして愛されている「pivot(ピボット)」シリーズは、世界累計出荷台数が300万台を超えるというスーパー定番アイテム。その最新版がこの「pivot3」で、すでに1月に発売(PV1220)していたが、この度充電システムを改良して10月に再発売(PHV1200)となった。

CR5_4341

具体的な改良点は、充電時間の短縮(6時間→4時間)と過充電防止システムの採用で充電池寿命を改善したというもの。ともするとこうしたハンディクリーナーは、電池交換自体が自力ではできない(あまり想定していない)ものが多いため、バッテリーのへたり・寿命とともに買い換えることになる。しかし、この「pivot3」はバッテリーパックを自力で交換できる仕様になっており、これは地味に嬉しい。

CR5_4364

キュートでイケメンなルックスが魅力的の『BLACK+DECKER コードレスハンディクリーナー pivot3』は、充電台に置いているその姿もいわゆる”休め”の姿勢で実に愛くるしく、かなり愛着が出そうだ。

CR5_4367

まさにモノとしての魅力にあふれるデザイン。さすが1979年に初めてハンディクリーナーを世に送り出したメーカーという面目躍起。やはりこうしたハンディクリーナーは日常のデスク周りなどに常に置いておくもので、仕舞い込むものではない。したがって普段の佇まいというのは実に重要なのだ。使い捨て、大量生産の趣きを醸し出しているものはできるなら近くに置いておきたくないという人も多いのではないだろうか。

CR5_4370

その点この『BLACK+DECKER コードレスハンディクリーナー pivot3』は秀逸。もちろんデザインのためのデザインではなく、れっきとした工業デザイン。

CR5_4390
1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy