ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

無制限でフルーツ食べ放題!タイにある果樹園「スパトラーランド」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Anna Koike「果物天国ラヨーンでフルーツ食べ放題!

こんにちは。TRiPORTライターのANNAです。
東南アジアといえば、安くておいしいフルーツがたくさんありますよね! そんなおいしいフルーツを、思う存分食べたいと思ったことがある人も多いのではないでしょうか? 

そんな夢を持っている人に紹介したいのが、タイのバンコクから3時間、ラヨーン県にある果樹園「スパトラーランド」です。

時間は無制限

まずはスパトラーランドへの行き方を説明します。スパトラーランドがあるラヨーン県は、パタヤの少し南に位置しています。バンコクからは、BTSエカマイ駅にある東バスターミナルから乗り合いのバンが出ています。約3時間、1人160バーツでラヨーン県に着くことができます。

ラヨーン県のバスターミナルからスパトラーランドまでは、果樹園経由のバンがあるので、バスターミナルの係員にスパトラーランド行きのバンを聞いてみましょう。果樹園に着くと、ドライバーが知らせてくれます。

スパトラーランドでの果物の食べ放題は1人400バーツ(1,500円ほど)で楽しむことができます。一度にたくさんの種類の果物を食べることができて、しかも時間は無制限! これはお得ですね! 自分で行くのが少し不安という人は、バンコク市内からスパトラーランド行きのツアーを利用してみましょう。ツアーなら行き帰りの交通手段の心配はいりません。ツアーでは果樹園のほかに、近くにあるマーケットにも連れていってもらえます。

Photo credit: Anna Koike「果物天国ラヨーンでフルーツ食べ放題!

スパトラーランドでは、果樹園の中を車で案内してくれるので、フルーツがどのように実っているのか見学ができます。日本にはないフルーツもたくさんあって面白い!

シーズンによって異なりますが、園内には様々な種類の果物が並んでいます。私が行ったときには、バナナ、マンゴー、パイナップル、ドラゴンフルーツ、りんご、サラ、スターフルーツ、パッションフルーツ、ドリアンがありました。日本では、あまり見かけることがなかったり、売られていなかったりする珍しいフルーツも多く並んでいます。どのフルーツも、もちろんどれだけ食べてもOKです。「もうしばらくフルーツは食べたくないよ~」と思うまで、満喫することができますよ!

かの有名な果物を食べたらお酒はNG!

Photo credit: Anna Koike「果物天国ラヨーンでフルーツ食べ放題!

日本では珍しいドリアンですが、タイでは高級フルーツです。目の前で大きいドリアンをカットしてもらえる瞬間は何だか嬉しくなってしまうはず。ドリアンは匂いがきついので、食べるのを躊躇する人も多いですが、旬のドリアンは匂いがそんなにきつくなく、とてもクリーミーです。

苦手な人や食わず嫌いな人も、ぜひここへきたらチャレンジしてほしいです。しかしドリアンを食べるときには注意が必要。ドリアンを食べると体が熱くなるので、体を冷やす効果のあるマンゴスチンなどの果物を食べるようにしましょう。また、ドリアンを食べたら、そのあとや夜にお酒を飲むことも絶対にしてはいけません! 気を付けましょう。

Photo credit: Anna Koike「果物天国ラヨーンでフルーツ食べ放題!

そして、スパトラーランドのもう一つの食べ放題が、人気のタイ料理ソムタム(青パパイヤのサラダ)です。

味を知っている人は「ソムタムって辛いんじゃないの…?」と思うかもしれません。大丈夫です。ここのソムタムの食べ放題は、注文してから作ってくれるので、「辛くしないで」「唐辛子は1本だけ入れて」など、個人に合わせた注文を聞いてくれます。

タイに訪れたらスパトラーランドでフルーツやソムタムを思う存分食べつくしてみてください!

ライター:Anna Koike
Photo by: Anna Koike「果物天国ラヨーンでフルーツ食べ放題!

スパトラーランドの旅行記はこちら

*Anna Koike「果物天国ラヨーンでフルーツ食べ放題!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP