ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本田翼 佐藤浩市との共演について「素直にうれしかった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月7日公開の映画『起終点駅 ターミナル』で、家族や恋人を失ったヒロイン・椎名敦子役を熱演した本田翼(23才)。

 同作は、直木賞作家・桜木紫乃の同名小説(小学館刊)が原作。弁護士・完治(佐藤浩市)と敦子(本田)はひょんなことから食卓を囲むようになり、孤独だった互いの人生が少しずつ動き始める。人生の“終着駅”は“始発駅”にもなる再生の物語だ。

「最初に(佐藤)浩市さんとふたり芝居と聞いた時は、プレッシャーはゼロではなかったですけど、率直にうれしかったです。この年齢でお話をいただけるなんて…断る理由ないですよ!」(本田・以下「」内同)

 これまで元気で明るい役柄が多かった彼女にとって、『起終点駅 ターミナル』での孤独な敦子役は“新境地”。撮影前から監督や佐藤のアドバイスを受けながら、難役をものにしていく姿に、現場の誰もが胸を打たれたという。

「この作品は、自分や他人を“赦(ゆる)す”物語といえるかもしれません。赦すって、心が強くないとできないこと。敦子は(佐藤演じる)完治さんにそれを気づかされましたね。でも、赦すことと自分に甘いことは違うかな…。失敗したと思ったら“まいっか”じゃなくて、深く考えて、次につなげていけそうなら自分を赦してあげられる気がします」

 屈託のない笑顔の裏にまじめな素顔をのぞかせる。

「普段心がけているのは、お母さんが怒るようなことはしないでおこう、です(笑い)。私がだらしないとお母さんがだらしないと思われちゃうので!(笑い)」

撮影■藤本和典

※女性セブン2015年11月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
代読した樋口可南子も号泣 佐藤浩市へ送った妻からの手紙
三國連太郎氏 佐藤浩市の別居息子の運動会訪れ周囲驚かせた
佐藤浩市 30年関係断絶していた認知症の母を自宅で介護中

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。