ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山下真司 ドラマ名シーン「今から殴る!」の撮影秘話明かす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高校ラグビー界で全く無名の弱小チームが、教師の熱血指導で、わずか数年で全国優勝を果たす、1980年代の学園ドラマの最高峰のひとつ『スクールウォーズ』(TBS系)。主演した山下真司(63才)に、当時のドラマの裏話などについて聞いた。

――『スクールウォーズ』時代に、一番印象に残っていることは?

山下:やはり、ラグビー部員全員を殴るシーンですね、泣きながら「今からお前たちを殴る!」と言って。あのシーンを撮るのに、朝8時から午後4時過ぎくらいまでかかったんです。「悔しくないのか!」って泣きながらのシーンを撮って、生徒の「悔しいです」というセリフ以降は、昼休みを挟んで食事の後だったんです。

 生徒役の俳優たちが飯食いに行くというから、「飯食ってできるのかよ」と言ったら、「大丈夫じゃないっすか~」みたいな軽いノリで言われてね(笑い)。大切なシーンだから、飯食ってる場合じゃないだろう、でも確かに腹減ったなって。近くのファミレスに行って、若い俳優たちはいつもと変わらない表情でわいわいランチを食べてたんだけど、さすがにぼくは飯が喉を通らなかったですね。 

――それだけ気合いが入っていたということですね?

山下:そうですね。だから、撮影を再開する直前に、彼らにもう一度、確認してみたんです。「できるのか!」って聞いたら「やってみなきゃ、わかんないっすよ」って。「それじゃだめだよ、実話なんだから。経験した人たちが見て、こんなんじゃなかったよって言われたら、お前ら恥ずかしくないのか!」「大丈夫だよ先生、心配しなくても」って会話があって、大丈夫かなこいつらと思って。…で、やったら、一発OK(笑い)。心配していたのは俺だけか、お前らやるなあって(笑い)。

――ドラマの時に、首にけがをしたそうですね。

山下:ドラマのオープニングで、タイトルバックでぼくがタックルするシーンがあるんですけど、それを撮影したときに首がボキッといってね。診察すると、首がちょっと歪んでるって言われたんです。

 俳優は仕事でけがをすることってけっこうあるもの。『スクールウォーズ』の撮影が終わってからすぐの撮影でもけがをしました。休む暇もなく別のドラマで、吊り橋上で撮影をしていたら、『スクールウォーズ』で筋肉が疲れてたんだろうね、バチン!といきなり両足のふくらはぎが断裂して、2か月間歩けませんでした。33、4才の頃かな。

50才のときには毎日、3時間も眠れないくらいの撮影が続いていて、沖縄から山形に行ったんですね。温度が急に下がるじゃないですか。1日休みがあったので、自転車で市内観光をしたら、ふくらはぎがパンパンになっちゃったのね。次の日、軽く走っただけなのに足の筋肉が断裂しちゃって。滝に打たれるシーンが残っていたから、車椅子で現場に行って、滝壺まで抱えてもらって、ツルツル滑る足場に片足だけで立ちながら撮影しました。

――『スクールウォーズ』では体罰も辞さない教師役でしたが、体罰についてどう思いますか?

山下:先生の欲求のためにやるのは体罰になっちゃう。でも殴り方にもよると思うし、ぼくは親に殴られたことがあるけど、愛情で殴られると、子供はわかると思います。

――体罰についての是非についてはよく議論になります。

山下:ぼくの経験談で言えば、親に殴られた時は、自分がしたことがいけないことなんだということがわかった。不必要に殴られてないから変な育ち方はしていないと思うし。人として良いことか悪いことなのか、道徳的なものも含めて、社会で生きていく上でルールというものを、親があらゆる方法でちゃんと教えてくれた気がするんです。

 今はそういうことを、子供の頃に教えていないから、大人になって子供への接し方がわからなくなって、ストレスで子供を殴ってる人もいる。ぼくらが子供の頃は、親が子供を虐待して殺害してしまうという悲惨な事件はあまりなかった。社会のルールは学校ではなくて、家でしっかりと教えないといけないと思います。

――山下さんは、厳しい指導を受けたことはありますか?

山下:実は、サラリーマンを1年くらいやっていたんですよ。当時70年代で長髪が流行っていたんです。あるとき部長に「その髪を切らないと首にするぞ」と言われて、「俺の立場って、髪の毛で決まっちゃうんだ」って思ったんです。仕事を辞めると路頭に迷っちゃうし、役者をやりたい気持ちはあったけど、役者は食えないって聞いてたし。でも思い切って辞めました。えらい苦労しましたけど、それがなかったら、ぼくはここにいないよね。何がきっかけになるか、わかりませんよね。

――『着信御礼!ケータイ大喜利』(NHK)など、バラエティーのお仕事が増えていますね。

山下:バラエティーは出たとこ勝負なので、自分のダメさがよくわかるんです。落ち込んで帰ることもあります。すごい上がり症なので、ろくに喋れないことのほうが多いんです。言葉が続かないというか、理論的にものごとを言うのが得意じゃないんですよ。

 それに、面白い事を言わないとダメなんですよね。お笑いの人たちってすごいなと思うし、負けないように頑張ってあがくほど、自己嫌悪に陥る(苦笑)。おとなしくすることにしても、やっぱり目立ちたいという気持ちがどこかにあって(笑い)。

――バラエティーの仕事で、驚いたことはありますか?

山下:ローラと美輪明宏さんが一緒に出ていて、お食事のカットがあったんですね。食べていたら美輪さんが歯になにかひっかかったみたいで、本番中に「爪楊枝ちょうだい」って。ローラが、「あ、美輪さん歯をホジホジしてる」って言ったら、美輪さんが、「本番中にそんなこという事じゃないわよ」と言って。

 終わったら美輪さんが、えらい剣幕で珍しく怒ってるんです。「あなたね、いちいち歯のことを人に向かって言うものじゃないのよ」。ローラは「すいませーん」って。美輪さんが本気で怒ってるから、プロデューサーもやって来て謝ってたんですね。これは使われないなと思ってオンエアを見たら、ちゃんと使われたの。どうやってあの美輪さんを説得したのか。貪欲だよね、これがバラエティーなのかって。ドラマも面白くなきゃダメだけど、面白さのツボが違うよね。

――『着信御礼!ケータイ大喜利』では、山下さんも突っ込まれていますね。

山下:あの番組って、出演者のキャラに合わせたネタを、視聴者が送ってくるじゃない。最初は楽しくやってるんだけど、だんだん腹が立ってくるんだよね。なんで俺がここまで、馬鹿にされなきゃいけないんだって思いながら、「でも、そういうところもあるよな」って(笑い)。他人って、冷静に見てるのよ。

 ネタにされて、ウケるほど腹が立ってくる。でもウケないと淋しいしね。蛭子(能収)さんと一緒に出たんだけど、蛭子さんは普段からあんな感じじゃない? だから視聴者も面白いネタを書ける。ドッカンドッカンウケると、ちくしょう俺もって(笑い)。

【山下真司】
1951年12月16日生まれ。山口県出身。1979年の『太陽にほえろ!』のスニーカー刑事役でテレビデビュー。主演した『スクール☆ウォーズ』の熱血教師役で一大ブームを巻き起こし、ドラマ内の「俺はこれからお前たちを殴る」の台詞が注目を集めた。『くいしん坊!万才』で4年にわたりレギュラーを務めた。バラエティーやドラマなどで活躍している。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
なぎら健壱 実家のおせちに入る「生たこ入りなます」が好評
温泉宿に予約電話した天然ボケ妻「そちらは源泉たれ流し?」
陶芸趣味男 元もとは「ろくろなんて回したって」と渋っていた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP