体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

朝ドラ&ハイボール人気で品薄!? いまこそジャパニーズウイスキー入門

f:id:uralatokyo:20151013125326j:plain

 先日、取材で出かけた六本木のお店で聞きました、

「『マッサン』の影響か、日本のウイスキーがよく出ますね」。

ウイスキーというと“ダンディな紳士が、氷をカランコロンいわせながら嗜むもの”というイメージだったが(古い!?)、実は身近に浸透してきているよう。そういえば、テレビCMでタレントさんがおいしそうにグラスを傾けていたり、居酒屋でいろんなバリエーションが楽しめるハイボールも、ウイスキーがベース!

ならば、この人気に便乗して、ジャパニーズウイスキーについて知ってみるもの悪くないはず。ジャパニーズウイスキーファンが通うショットバー「ゾートロープ」のバーテンダーであり、竹鶴アンバサダーにも認定されている堀上敦さんに、楽しく、おいしく飲むコツを教えてもらった。

※暗い店内で撮ったため、どの写真も非常に暗いです。店内のリアルな雰囲気をお楽しみください

STEP01 What is ジャパニーズウイスキー?

f:id:uralatokyo:20151013125439j:plain

ジャパニーズウイスキーは、1923年にサントリーの創業者京都・山崎に蒸溜所を造ったのが始まり。現在は、全国にある約10か所の蒸溜所で造られています。驚くのはその数、300種類以上の銘柄があること。ジャパニーズウイスキーは、スコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダとともに世界の五大ウイスキーと呼ばれ、世界的な品評会でも多くの賞を受賞! 高く評価されています。それなのに、日本人(筆者)は、ジャパニーズウイスキーをよく知らないうえに、妙なレッテルを貼っていたのかも、と気づかされます。

f:id:uralatokyo:20151013125518j:plain

ちなみに、ウイスキーは「モルトウイスキー」と「グレーンウイスキー」の2種類がある。モルトウイスキーは大麦麦芽で造られ、グレーンウイスキーはトウモロコシなどの穀類で造られている。モルトウイスキーはシングルモルトウイスキー(一つの蒸溜所のモルト原酒のみで造られている)とブレンデッドモルト(ピュアモルト)ウイスキー(複数の蒸溜所のモルトウイスキーから造られている)に分けられ、さらにモルトウイスキーとグレーンウイスキーを合わせるとブレンデッドウイスキーになる。

堀上さん曰く「私が成人した頃は、周囲もみんな、当たり前のようにウイスキーを飲んでいました。味が云々の前に、そういう雰囲気だったんです」

平社員は「トリス」、係長になると「角」、課長は「オールド」、部長クラスまで出世すると「リザーブ」なんてヒエラルキーもあったとか……。記念日や特別な日には、平社員が奮発して「リザーブ」を飲む! とか。日本人にとってウイスキーはとっても身近なお酒で、なんだか楽しそうだと思いませんか?

STEP02 ウイスキーの飲み方&マナー

f:id:uralatokyo:20151013125616j:plain
1 2次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会