ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三重は松阪牛だけにあらず!食べるべき三重のブランド肉3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

三重のブランド肉といえば松阪牛が有名ですが、それだけじゃありません!

お肉天国、三重では牛も豚も鶏も、とにかくウマイ肉が勢揃い!

豊かに育ったお肉を食べに、ぜひ三重へ訪れてみて。

〜伊賀牛〜
年間平均気温が14度と低く、暑さに弱い牛がストレスなく育つことから上質な肉質と評判。
鎌倉時代の書物にも記されていて、歴史ある牛肉なのである。

1.洋食モリワキ

武将も忍者も愛してきた全国有数のブランド牛。


イチボやランプ肉などの部位を使う「伊賀牛ステーキランチ」2480円。お肉は何と120g!

市内に精肉店と3軒の飲食店を持つ老舗。伊賀牛は一頭買いで仕入れるからこそ、質の高い肉を比較的安価で提供できる。ステーキランチはコスパ高し。
オープンキッチンの店内で、目の前で焼いてくれる楽しみも 洋食モリワキ
TEL/0595-63-0071
住所/名張市中町370-7
営業時間/11時~15時(LO14時30分)、17時~22時30分(LO21時)
定休日/月曜日(祝は翌休)
アクセス/名阪国道上野ICより30分
駐車場/10台
「洋食モリワキ」の詳細はこちら

〜菰野豚(こものぶた)〜
餌や飲料水、環境にこだわった豚舎で育てられた、臭みがなくやわらかいお肉。

2.ホテル 湯の本

御在所岳の麓で豊かに育った注目の豚。


火を入れることで甘みが引き立つ脂身と、身のしまった赤身のベストバランス

赤ワイン×しゃぶしゃぶの絶品マリアージュ。

赤ワインで割った昆布出汁は、芳醇な香りで、肉の旨みをギュッと閉じ込めジューシーに仕上げてくれる。ポン酢またはごまだれで召し上がれ。 女性露天風呂からは四日市市街と伊勢湾を一望できる

ホテル 湯の本
TEL/059-392-2141
住所/三重郡菰野町菰野8497
料金/コラーゲンボール付「地元菰野豚200gのワインしゃぶしゃぶ」1泊2食付2名1室15120円~
アクセス/東名阪道四日市ICより30分
駐車場/40台
「ホテル 湯の本」の詳細はこちら

〜熊野地鶏(くまのじどり)〜
世界遺産の自然に抱かれ、平飼いで1㎡あたり8羽以下のゆったりとした環境で、
約110日間かけて飼育する。

3.葉っぱがシェフjomon

野草の力で素材の旨みを最大限に。


「熊野地鶏jomon」1700円。縄文鍋を使った料理は、魚介や岩清水豚などのメニューもある

縄文鍋で作る、大地のごちそう。

大地の恵みを最大限に生かしたスローフードレストラン。裏山に自生する植物の葉を敷き詰め調理する縄文鍋が人気。熊野地鶏の旨みを存分に味わって。 裏山は野草園。気候のよい日はテラス席で食べたい

葉っぱがシェフjomon
TEL/0597-23-0016
住所/尾鷲市中村町4-51
営業時間/11時30分~14時、18時~21時※夜は要予約
定休日/月曜日・火曜日・水曜日
アクセス/紀勢道尾鷲北ICより5分
駐車場/7台
「葉っぱがシェフjomon」の詳細はこちら

※この記事は2015年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

ご当地感満載♪【関西・中四国】道の駅テイクアウトグルメ6選
秋の味覚に、紅葉を楽しむ!秋の岩手おすすめ観光コース【2泊3日プラン】
とろける旨さに感激!【関西・中四国】道の駅高級グルメ厳選6

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP