ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの「熟成肉」が自宅の冷蔵庫で簡単にできるマシンが開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あえて日数を置くことでお肉の熟成を促す、エイジングビーフ(熟成肉)の美味さに注目が集まっています。高級店や専門店でなくても“あの味”を自宅で堪能したい!そんな想いがアメリカで実現しようとしています。

自宅の冷蔵庫で
プロ並みの仕上がり?

牛肉から余分な水分を抜くことで乾燥し、酵素がタンパク質をうまみ成分へと変えることから、熟成のなかでも特に注目されているのが、温度、湿度、さらに風を調節する「ドライエイジング」という方法。熟成させることで繊維が分解され、柔らかく香り豊かな味わいに変身していきます。
もちろん、ただ寝かせれば美味しくなるというものでもありません。自宅であの美味さを再現するためには、温度、湿度、風量の管理が必須。これを実現したのが、自家用熟成マシン「SteakAger」です。

「本当に美味しいステーキ肉に必要なのは、スープでも、マヨネーズでも、ペッパーでもありません。良い状態で乾燥させる“時間”が魔法をかけるのです」

熟成肉の旨味をひと言で表現するのは、開発者の一人Frank Rizzo氏(写真右)。現在、アメリカのステーキハウス業界において、この熟成が完全にトレンドと化している現状、さらには“熟成化”が価格高騰に拍車をかけている事実を明かします。

12日から最長70日まで
自分好みの熟成度に!

彼らが開発した「SteakAger」は、温度と湿度の調整がしやすい、高密度食品工業用のまな板にも使用される素材を用いています。ステーキハウスのドライエイジング用保存庫と同じ環境を、自宅の冷蔵庫内に、そっくりそのまま再現しようという訳。
ボックス内部には、ヒマラヤ岩塩が仕込まれているんだそう。さらには、乾燥を促す循環ファンも設置。絶えず風がボックス内を巡ることで、内部に入れたヒマラヤ岩塩の風味が、乾燥とともにお肉にじんわり浸透していく仕掛け。また、殺菌用の紫外線ランプがお肉に当たることで、長期間保存を可能にしています。

あとは、ドライエイジングに適した環境を整えるべく、コントローラーと独自開発したソフトウェアを追加。好みに応じて12日間から70日間まで熟成が可能とのこと。さらに、熟成ボックス内から排出される空気は、活性炭フィルターを通ることで冷蔵庫内に臭いが充満する心配もないようです。

しかし、実際には冷蔵庫サイズの約20%をも占領する大きさがたまにきず。アメリカのような大型家電が一般的でない日本人からしてみれば、このサイズ感は致命的。ですが、技術開発を担当したScoot Kobryn氏によれば、まだまだ軽量化が可能と主張しています。
現在、プロトタイプの試作段階を終え、クラウドファウンディングで資金調達したところ、目標額の3倍にまで到達。いよいよ、小型軽量化とデザイン性にも注力したグレードアップモデルが始動しました。

熟成肉人気にあやかったキッチン家電は、159ドル(2万円弱)で市販化を予定しているんだとか。この価格で極上のステーキ肉に変身してしまうらな、間違いなく安い買い物!あとは、熟成までガマンできるかどうかですね。

Licensed material used with permission by The Steake Ager

関連記事リンク(外部サイト)

ピンクの「冷製パスタ」が登場!その正体は世界が注目する、アノ野菜だった
【判明】なぜ、パイナップルを食べると口の中がチクチクするのか?
【検証結果】砂糖を止めたアナタの身体に起きる「5つの変化」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP